Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中欧旅行 1 * ウィーン

 

曇り、とても暑かった。

 

いよいよ、成田出発です。

混雑したお盆の時期に旅行に出かけるなんて、今までの人生にはなかった事です。

仕事が終わってからその足で成田に前泊し、早起きして空港に向いました。

 

いつもすいている時しか旅行しないので、空港の混み具合が読めないのです。

案の定、チェックイン・カウンターには、程なく長蛇の列ができてしまいました。

 

オースト○ア航空のカウンターで研修中のステッカーを付けた女性から「本日は満席ですので、アップグレードをさせていただきます。」の言葉を聞いた時は、どんなに嬉しかった事か。。。

 

ヨーロッパ線は時間が長いので、ビジネスクラスだと助かるわ。嬉しい~!

6年前にもミラノ行きのゲートで呼び出され、アップグレードされた甘美な思い出が脳裏をかすめました。

 

・・・と、思ったのもつかの間。

先輩と思われる女性が、サっと手で静止し首を振って否定を促している。

新人ちゃん、「すみませんでした。こちらの間違いです。」

 

あ~ぁ、ガッカリ。ぬか喜びに終わってしまった夢のビジネスクラス。

所詮、庶民の私には関係無いお席だったのだ。

 

「期待しちゃったじゃない。ガッカリしたわ。」と、ちょっとからかってしまいました私です。娘の歳に近いその新人ちゃんは、頬を赤らめながらペコリと頭を下げて謝りました。いじめるつもりは毛頭ないので、「研修、頑張ってね♪」と言っておきました。・・・オバサンだな、、、私。

 

どちらにしても、ラッキーな誰かさんがアップグレード対象になっているらしいので、

この日の予約はオーバーセールスしているに違いない。なんせお盆ですものね。

隣席が空いているなんて期待は、しても無駄か・・・。トホホ。

 

 

 

 

 

image316049110311.jpg
 
初めて搭乗するオースト○ア航空
 
CAさんのストッキングが まっかっか でビックリしました。
 
 
 
 
案の定、私のお隣はふさがって満席のようでした。
結局、気管支炎が完治せぬままこの日がきてしまい、
機内では出発までの疲れが一気に出て爆睡。
 
 

 

image47673353112.jpg  
非常口の窓から見えたシベリアの雲海
 
 
いつもの通りに通路側の席に座り、
ちょっと足がむくんだらチョロチョロ歩いてみます。
 
 
定刻に出発できたのでチューリッヒからの娘の便が遅れなければ、
ちゃんとウィーン・シュヴェヒャート国際空港で会えるはずです。
 

 

image225189310313.jpg  
ドラマで見覚えのある到着ロビー
 
 
直行便なので同じ日の夕方4時前に到着しました。
先に到着していた娘からは、ロビーから出てくる私が見えていたそうですが、
私からは娘が見えず反対の方向へ行ってしまいました。
 
あらぬ方向へ行こうとした私の携帯に娘から「右見て!」着信があり、
無事に再会です。
 
 
 
 
今回、私達がお世話になったゲストハウスは、
賑やかなMariahilfer Strasse に面した建物の4階にある小さな宿です。
 
地下鉄U3号線の Neubaugasse 駅 から30m位、
通りから入り口が非常にわかりづらく、
もう少しで見逃してしまうところでした。
 
 
 
K. & T. Boarding House
 
 
 
エレベーターもエスカレーターも無いので、
この階段を見上げた瞬間、ほぇ~~~っと、絶句の母娘。
 
 
 

image597140410315.jpg  
二人で順番に荷物を運び、
やっと見えてきたそれらしきもの

 
 
高齢になったらこんな旅は無理だわ~。
 
 
 


image57345910316.jpg  
可愛くしてある玄関まわり
 

image232312810317.jpg  
ドアー右のブザーを鳴らすのかしら?

 
 
 到着予定時刻は、予めメールでお知らせしてあります。
 
迎えてくださったのは、もうすぐ赤ちゃんが生まれるという奥様。
とても感じの良い方で、遠くから来た私達をねぎらってくれました。
 
 

image584601810318.jpg
ロビー右の壁にはクリムトの絵がかかってました・・・が、
写ってなかった!
 
アデーレ・ブロッホ=バウアー?だったと思います
 
 
 

 
この白い椅子はパソコン用です。
宿泊客は自由に使ってよいので、
さっそくCURURUにアクセスしてみました。
 

 

image788678210319.jpg
 
 
 
皆さんのコメントにお返事を書いたパソコンです
 
 
 
@や ・、_ 等の記号の位置や入力方法が違うので、
悪戦苦闘のコメントになってしまいました。
 
 
ちなみに日本語は文字化けしてしまい、
ほとんど □□□□□□□□□□□□ 表示でした。
 
皆さんが何を書いてくださっていたのかも・・・???



 

image7089454103110.jpg
なんてったって、テレジアン・イエローのお部屋です!?
 
 
シャワー付きのお部屋が希望でしたが、
取れませんでした。
 
このお部屋はバスルーム共同ですが、
他のお部屋の方はシャワー付きだったので、
結局、共同バスルームは私達専用となったのでした。

 

image3964005103112.jpg  
窓から誰か見える・・・?

 
お友達の家でお泊りさせていただくような感じです。
 
鍵は3つ。
 
建物入り口の鍵、
玄関の鍵、
お部屋の鍵。
 
 
時々、どれがどれだかわからなくなってしまう事も・・・。
差し込んでから回し加減が微妙に難しくて、
完璧にできるようになった時は、なんだか嬉しくもありました。^^
 
 
 
 

image211621031113.jpg
 
お部屋の壁にもクリムトの
アデーレ・ブロッホ=バウアー?
 
クリムトの絵は作品によって官能的で、
女性の向こう側に「死」の不安が見え隠れするものもありますが、
このお部屋の 「アデーレ・ブロッホ=バウアー?」は
そんな絵でなくて良かった!
 
寝泊りするお部屋に怖い絵は苦手です。
 
 
 
この絵の背景に細かい模様がちりばめられていますが、
ベネチアン・グラス細工のミリフィオリの花模様のように見えます。
 
 
お話は横道にそれますが、
このビーズを使った腕時計はオードリー・ヘップバーンも愛用していたそうです。
image6926710103114.jpg
 
 
実はベネチアン・グラスもクリムトを意識していて、
クリムトというビーズがあるんですって。
 
 
 

 

Comment

 

primaveraさま ウィーンのお話、これから聞かせて頂けるのですね!嬉しいです。
私は絵ばっかり見てましたし、夜行列車で行ったら夜中の豪雪で美術史美術館前の
マリア・テレジアさんは真白いドラえもんと化しておりましたゆえ、建物なども見ないというか、見てもどこも雪の山という感じでしたので、一層これからもお話が楽しみ!
泊りもユースでしたので、ホテルのお写真なども見ていてうっとりです!
でも、どうぞご無理をせず、ボチボチ(これはワタクシですね)載せてください。
ベニスでこの細工のアクセサリーを見ました。ヘップバーンもクリムトもこの美しさに
魅せられましたか・・・私も、ただ見たいが為ジプシー女みたいな姿にも関わらず
お店に入ったのも、惹きつけられた魔力によるものだったみたいです。キレイですね。
  • posted by モード 
  • URL 
  • 2008.09/05 06:04分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>モードさん、
なんだか今夜もNETが又いつダウンするかわからない変な感じになってます。
動く内に、、、と急いでUPしました。
雪景色の中、ドラエモンのテレジアさんですか~??
威厳あるような無いような、、、微妙ですね。
私達も今回の円安は、お財布直撃だったので、ほとんどゲストハウスや
ペンション等の利用で節約しました。
その代わり、ホテルライフでは味わえないような地元市民の感覚が味わえて
面白かったです。
真夏だったので、コインランドリーで洗濯もしました。
実は私、クリムトの作品はあまり好きではありませんでした。
今回は観る機会がたくさんあったのでいろいろ観察してみると、
自分なりに面白い発見などもあって楽しめました。
美しいものがもつ魔力に絡み取られたら、逆らえないですよね。
  • posted by primavera 
  • URL 
  • 2008.09/06 00:05分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

プリマさんこんばんは♪
機内でぐっすり眠れたのならよかったですね。
ウィーンではゲストハウスに宿泊だったんですね♪一人旅をする場合など、こういったところを利用したほうが変なホテルに泊るより安心なんでしょうか?ペンションのような感じがして可愛いです♪私も泊ってみたくなりました(*^ ^*)
  • posted by まみぞう 
  • URL 
  • 2008.09/06 00:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

primaveraさん、ご旅行の記録、うれしいです。とてもワクワクしています。
先ず、飛行機のグレードアップがはかなく消えて・・・・
罪ですね~~
私も一度、ありました。イエイエその時はラッキーでした。太平洋を越えた時ですが、ゆったりと、空の度、その後は、きちんと席があって、残念!庶民に戻りました。
ウニョンとフィリップが出会った空港の到着ロビーですね。天井はこんなになってましたか?知らなかったです。ドアだけは覚えてますが・・・
お宿、とっても暖かな雰囲気ですね。清潔で、お風呂も専用になったのがラッキーでしたね。ベネチアンのお花、きれいですね。ペーパーウエイト、小さな宇宙みたいで大切に持ってます。どこで買ったかな?クリムトの女性のお顔も、いろいろ観察すると面白いんですね。ああ、いろいろ楽しみです。ああ、テレジアンイエローのベッド、可愛いベッド、やっぱりあのイエローは、あったかい感じがしますね。
ウィーンからの書き込み?読ませていただきましたよね。ここからだったんですね。日本語がマスばっかりとは・・・
  • posted by miecolor 
  • URL 
  • 2008.09/06 00:47分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

primaveraさん、楽しみに待っていました。とうとう始まりましたね!!
PCの調子が悪く苦労されていたようなので心配していました。
アップグレードの夢は、ファンファンファン・・・・目の前で消えてしまったんですね。何とも罪な新人ちゃんです(*_*)
ゲストルーム、清潔そうで、内装も女の子っぽくかわいらしいですね。こういうところはどこで見つけるんですか?
夏の4時着だとまだまだ空港も明るいですね。10月にロンドン経由で(!)行った私は、到着したときは9時過ぎですからね。空港ターミナルの中も何だか暗くて、なのに人が多くてびっくり!なのでした。
クリムトがウィーンって感じです♪
続きはまだまだありそうですね。楽しみです(*^^)v
  • posted by Olive YO 
  • URL 
  • 2008.09/06 01:33分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

primaveraさん、こんばんはー^^
お~~旅行のお話の始まりですね~(*^_^*)
楽しみですね~^^
雲を下からではなく上から・・・良いですね~o(*^▽^*)oエヘヘ!
日頃見ようって思ってもそうそう見えませんからね~^^
チョット不思議な感じです(*^_^*)
当たり前ですけどやっぱり日本の建物とは違いオシャレですね~^^
階段1つを取ってもいいですね~(*^_^*)
( ̄-  ̄ ) ンー写真撮りまっくって1ヶ月終わりそうで怖い^^;
  • posted by 熊本の風 
  • URL 
  • 2008.09/06 23:16分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

旅行いっすねえ お疲れ様 すっきりしていて綺麗な部屋ですね
見ていると何だか落ち着きますよ。
  • posted by Marky♪ 
  • URL 
  • 2008.09/07 11:39分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>まみぞうさん、
本当によく寝てしまった為、せっかくの機内上映の映画を見損ねてしまいました。
現地に着いてからも陽が長いので、なかなか夜が更けないでしょう?
夕方からバッチリ遊んで、現地の夜もパタンっとベッドに倒れ込み、
往路の時差ボケはありませんでしたよ。
このゲストハウスはお部屋の数がとても少なくて、お友達のお家に滞在しているような感覚です。 シャワーが共同だった為、宿泊料金は格安で助かりました。
鍵の回し方、、、慣れるまで、ちょっと不安です。^^;
完璧にマスターしたら、はい、「なんちゃって地元住民、いっちょうあがり!」です!
  • posted by primavera 
  • URL 
  • 2008.09/07 23:52分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>miecolorさん、
私は根性無くて、ドラマのロケ地は追えませんでしたよ~。。。スミマセン。
只でアップグレードできた時って、最高に嬉しいですよね。
それも短い路線じゃなくて、長距離路線だと嬉しさ100倍!
太平洋を超えちゃったりしたら万々歳でしたね。
宝くじよりは当たる確率高いと思うのだけど、、、次回のお楽しみはいつでしょう??
あら、到着ロビーの天井??miecolorさんに指摘されるまで、気がつきませんでした。
ココは国際線のロビーにしては、割りと小さいような気がしました。
このゲストハウスの共同シャワーは、ちゃんと中から鍵もかかるしとても綺麗でした。
ベネチアングラスの花模様、とっても細かくて綺麗ですよね。
花模様を廻りにあしらったヘップバーンの腕時計を、娘へのお土産に買った事があります。とても可愛かったです。
クリムトの女性像は、ちょっと怖い感じのものが多いですよね。
なまめかしい感じもするし、退廃的な感じもするし、、、。
現地に行って、たくさんの作品をこの目で見ると、今までの先入観や固定観念が
崩れて面白い発見があったりします。
それに現地の方が、その作家を愛している様子も感じられ、
改めて良くみてみようかな・・・という気持になりますね。
「ウィーンからの書き込み」、、、何を書いているんだか。。。^^;
お恥ずかしい限りでしたね。
  • posted by primavera 
  • URL 
  • 2008.09/08 00:13分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>Olive YOさん、 期待してくださってありがとうございます。
でも今回はたいした日記にならないかもしれません、
だって、、、今までのような詳細な記事が書けそうもないんです。
出発までの体調不良とあまりの忙しさに、大事なノートを自宅に忘れて来てしまったんです。
こんなに混んでいる時期に行くのも初めてで、旅行中も暑くてヘロヘロ、
途中で細かく記録を付ける体力がありませんでした。
このゲストルームはオーストリアのサイトで見つけました。
pension とか、gesthouse Vienna とか、キーワードを入れて検索すると
いろいろ出てきます。
最初はリンク内で探しましたが、皆満室、或いは、高くてダメでした。
それに私の休暇が直前まで確定しなかったので、最後はバタバタの出発になってしまいました。
ロンドン経由でウィーン入りは、かなり遠回りになるんでしょうね。
秋だと日も短くて、活動時間が少なくなってしまいますね。
このターミナルは意外と小さいので、到着便が輻輳するとかなり混雑しますね。
今回は、新人ちゃんの「ドッキリ」に、ズルっとコケたprimaveraでした~!
  • posted by primavera 
  • URL 
  • 2008.09/08 00:31分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>熊本の風さん、は~い、はじまり、はじまりです~!☆\(^-^*)☆
雲の絨毯は美しいけれど雲間を抜けるまで、ただの水蒸気なのに結構機体が揺れて、ちょっと怖いですね。思わずベルトを掴む手がこわばります。
そうですね、普段、人は下から雲海を見上げているんでしたね!
あの上に乗れてしまいそうな感覚ですけど、雲って本当に不思議です。
風さん、ロッキーを連れてお散歩したくなりますでしょう?
  • posted by primavera 
  • URL 
  • 2008.09/08 00:40分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>Marky♪さん、
留学で下宿している自分のお部屋みたいな感覚に、自己満足していた私です。
クーラーなくても夜は結構涼しくて、ポットでお茶を入れたり、コーヒーを入れたり、
旅の時間を満喫できました。
  • posted by primavera 
  • URL 
  • 2008.09/08 00:45分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

長距離便でのビジネスアップグレードは嬉しいものですよね。だから、期待させられてNGというのは、本当に残念でした^^;
さて、次の日からのウィーン観光、レポート楽しみにしていますね^^
  • posted by hero 
  • URL 
  • 2008.09/09 00:35分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

旅の始まりは。。ウィーンだったんですねぇ~~^^*
テレジアン・イエローのお部屋。。とっても可愛くてステキです?▽?
こんな風合いのイエローなら。。ず~っといても落ち着きますね!?
もしかしたら。。クリムトの絵からこのお部屋のテーマカラーを決めたのでは^^@
クリムトの肖像画を見るといつも。。女性を見る目が優しいなぁと思います。
ミュシャと同じデス^。^?  
  • posted by a♪co young 
  • URL 
  • 2008.09/09 00:47分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

プリマさん、おかえりなさ~い♪
去年暮に私が行ったときもオーストリア航空でした。あのCAの赤いストッキングは
いろんな意味でドッキリですね!履いてる人にもよるのでしょうか;^^
そのオーストリア航空が募集していた写真コンテストに応募したら、参加賞として
オシボリ(?)と、美術展の招待券が送られてきました。
六本木の国立新美術館でやってる「ウィーン美術史美術館」所蔵の静物画展です。
ルーベンスにベラスケスにブリューゲルなど、ちょと渋目;^^
あ!15日までだ!一緒にいきます?(ノω`)プププ
ゲストハウス、いいですね。ホテルと違って街の雰囲気にたっぷり浸れそう。
ここは日本語のガイドもありますね。最近こういう所が増えてるんでしょうか?
  • posted by 風人 
  • URL 
  • 2008.09/09 01:47分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>heroさん、お久しぶりです。
日本での生活、だいぶ落ち着かれましたでしょうか?
私はビジネスマンでは無いから会社からお金でないし、セレブでも無いから自力での
ビジネスクラスはマイルでも貯まらないと実現しません。
タナボタのアップグレードの味を思い出す度に、にまぁ~♪(∀`*)っと、してしまいます。
あぁ、それなのに、今回の仕打ちは・・・
目の前にぶら下がった人参を食べ損なった、駄馬になった気分でした。(>_<)
  • posted by primavera 
  • URL 
  • 2008.09/09 23:32分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>a♪co youngさん、
旅立ちの際には、エールを送っていただきありがとうございました。嬉しかったです!
そうです、始まりはウィーンに決りです。
娘も私も乗り換え無しの直行便で会える空港にしました。
到着ロビーから出る時は、ウニョンになりきっていた私ですよ~。^^
このお部屋はとてもちっちゃくて簡素でしたけど、ちゃぁんとポットとコーヒー等の
憩いのおもてなしが用意されていて、嬉しかったです。
日本から持参したインスタント味噌汁も、この部屋で味わいましたよ。^^
a♪co youngさんのご指摘通り、きっとこのお部屋のイメージはクリムトの色なのでしょうね。こうなったら、他のお部屋の色と絵を確かめてみたくなりました。
実はね、、、私はクリムトが苦手だったのです。
なんとなくホルマリンの香りがしそうな絵もあるでしょう?
見まいとしても、生と死を意識してしまいそうで、、、。
ウィーン入りしてみて初めて、人々に愛されているクリムトを実感しました。
  • posted by primavera 
  • URL 
  • 2008.09/10 00:43分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>風人さん、「ただいま」です~☆
あのCAさんの赤いストッキング、似合う人はサスガだなぁ~と、感心していた私です。
私が履いたら・・・?!考えてみるだけ恐ろしい。。。あ、スミマセン(*≧m≦*)
六本木の国立新美術館でやってる「ウィーン美術史美術館」?
わぁ、、、時間があったら行ってみますね。
風人さんはGFさんとどうぞ♪
そうなんですよ。このゲストハウスのHPには日本語サイトもあるんです。
でもオーナーは全く日本語話せませんでした。
HPの紹介を数ヶ国語で表記するのは、もはやヨーロッパの常識なんでしょうか。
その中にアジアの日本語が含まれているというのは、嬉しいですね。
パリのバトー・ムーシュの船上ガイド等は、すでに日本語は消滅していて、
韓国語と中国語が英語とドイツ語に混じって存在感をアピールしていたと記憶しています。
  • posted by primavera 
  • URL 
  • 2008.09/10 00:53分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

うわ~~可愛い~~(∩∀`*)キャッ  どれもこれも可愛いです~~完璧に女性好みですね! テレジアン・イエローも綺麗、ビーズも一つ一つが手が込んでいてとても可愛い~飴細工のようです。
バウアー?の美白美人の方の髪型、、どこかに見覚えが・・・??
もしかして、、小森のおばちゃま??いや、、黒柳徹子さま?? 。゜(>д<)゜。
失礼^^;
  • posted by lilly 
  • URL 
  • 2008.09/11 09:37分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>lillyさん、こんにちは。
そうでしょう、そうでしょう???
ちっちゃいけれど、可愛らしいお部屋でしたよ~!
すっかり、「なりきり住人」を演じていた母娘です。
ただし・・・スーツケース持って、階段をこの足で登るのは大変でした。
歳とったら無理だわね。。。
バウアーさんが「否バウアー!!!」と、おっしゃってますが・・・?(^0^;)
  • posted by primavera 
  • URL 
  • 2008.09/11 14:10分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

中欧に行かれたんですね!!オーストリア航空、一度使ったことあるんですけど、そのときは、がらっがらで、一人で3人分の座席使いましたよ~。スッチーの(死語?)ストッキング、まっかっかなんですよね。あれはちょっと、びっくりしました。
オーストリアは行ったことないので、日記の続きが楽しみです。
  • posted by さばこ 
  • URL 
  • 2008.09/11 17:11分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>さばこさん、いらっしゃいませ。 
一人で3席分でしたか~?それはラッキーでしたね。
隣が空いていると、寝る時も気兼ねしなくて良いから楽ですよね。
窓側なら通路の人を起こさなくちゃ行けないし、通路だといつ窓の人が「すみません」と言ってくるかわからないから熟睡モードに浸れないですよね。
スッチーさん達、さすがに背が高くて美しい方ばかりだったので、
みごとに赤のストッキングを履きこなしていらっしゃいましたね~!
とても凡人がマネできる代物ではありませんのだ。。。^^
  • posted by primavera 
  • URL 
  • 2008.09/11 20:50分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

primaveraさん、こんばんはー^^
(゚ω゚(。_。(゚ω゚(。_。(゚ω゚(。_。(゚ω゚(。_。(゚ω゚(。_。(゚ω゚ )スペシャルウンウン ロッキー連れて散歩してみたいですね~o(*^▽^*)oエヘヘ!
実際にチョット引かれたお話ですが、・・・
夢ってなんね?って聞かれた時に「雲を散歩してみたい」って答えましたからね~(^^;)
「実際に無理!」って分っているんですけどね~^^;
  • posted by 熊本の風 
  • URL 
  • 2008.09/11 21:59分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>熊本の風さん、
やっぱり???
時々ロッキー君が空の彼方を見上げて、もの思いに耽っている瞬間ありますよね。
きっと雲の上を散歩している自分を想像しているに違いありませんよ!!(*^-^*)
  • posted by primavera 
  • URL 
  • 2008.09/13 21:39分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

primaveraさん、はじめまして♪  ウィーンの文字に魅せられてやって参りました。
私も去年、夫婦でオーストリアを旅しました。 クリムトも実物を見て、初めてその魅力がわかりました。 カレンダーやマウスパッドなど小市民的なものを買って来て眺めてます^^   最近『春のワルツ』のファンになったばかりで、先に知っていれば・・・とちょっぴり後悔。 
primaveraさんのすてきな旅行記で楽しませていただきますね♪ 
  • posted by ふじくに 
  • URL 
  • 2008.09/14 18:41分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>ふじくにさん、いらっしゃいませ!
昨年オーストリアを旅行されたんですね!ハルシュタットを訪問されましたでしょうか?
私も2年前の訪問時は「春のワルツ」放映前だったので、
全くドラマの予備知識なくハルシュタットを歩いていました。
自覚していれば、もっと注意して観察したんですけどね。残念です。
クリムトの絵は美術館でなくても、ウィーンのあちらこちらで見かけますよね。
市民に愛されているのだなぁ、、、と、実感しました。
更新がカメのように遅いブログですが、思い出したら又是非いらしてください。
こちらこそどうぞよろしくお願いいたします☆
  • posted by primavera 
  • URL 
  • 2008.09/14 21:18分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

こんにちは♪ 早速また訪問してしまいました。 primaveraさんの引力強し!!!
旅行では時間の都合上、モントゼーやザンクトギルゲンなどお決まりのバスツアーの範囲でした。 今だったら、なにがなんでもハルシュタットを組み込むんですけどねぇ・・・もったいないことしましたわ。  いつか泊まりがけで行きたいです。
お宿はほんとにかわいらしくて、ヨーロッパの香りがしますね。 乙女好み♪
ウィーンは頻繁に学会なども催されるので、ぶつかると宿の確保が大変!
うちも去年苦労しました。 やっぱり世界中の人々の憧れの地なのですね☆
  • posted by ふじくに 
  • URL 
  • 2008.09/15 10:12分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>ふじくにさん、
まぁ・・・^^ どうぞどうぞ、こんなブログでよろしければ、
どうぞごゆっくりしていってくださいな。  (引~力~の技~♪)
ザルツカンマーグートをバスで周られたのですね。
お天気さえ恵まれれば、「サウンド・オブ・ミュージック」そのものの世界ですよね。
思い出したら又行きたい病がウズウズしてきてしまいました。
ウィーンは初めてだったんです。
学会等あったら宿の値段もグ~ンと跳ね上がるんでしょうね。
私も今度から混雑期は避けて旅行したいものです。
  • posted by primavera 
  • URL 
  • 2008.09/15 22:11分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

primaveraさんこんばんは☆
毎日ブログをさかのぼって楽しませていただいております♪ 
ちょっとずつ読まないと、もったいないですわ。(*^ ^*)
Q:写真がものすごくきれいなのですが、一眼レフを持ち歩いてらっしゃるのですか?
本当にどれを見ても素敵です♪
  • posted by ふじくに 
  • URL 
  • 2008.09/16 22:13分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>ふじくにさん、
まぁまぁまぁ・・・?? ??
コレはもう引力というよりは、、、吸引力~>>>>スハ~>^*))))
A:一眼レフ等高級なものは持っておりませんの~。でも欲しいです~!(ノ≧∀≦)ノ
娘のLUMIXと父のIXIYと私の大昔のCyber-shot なんです。
いつか一眼レフをこの手に持ちたいですが、
その前に旅費で「¥」が消えてゆく我家なので、当分無理でしょう。。。トホホ。

  • posted by primavera 
  • URL 
  • 2008.09/16 22:54分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

primavera piccolo

Author:primavera piccolo
KATSUJI FOREST GALLERY のサイトからいらっしゃったお客様は、左下のカテゴリ・PIANO からご覧ください。

2009年9月15日以前の記事やコメントは、旧サイトから移転させたものです。

Under construction

Translate

Visitors since 2010

free counters

FC2カウンター

最新記事

4travel primavera

QRコード

QRコード

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。