FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中欧旅行 4 * ウィーン

Vienna

 

 

 

 

旧市街では、大道芸が歩行者の注目を集めていました。

ロボットみたいな動きで踊るこの青年は注目度NO1で、かなり大きな輪ができて大人も子供も楽しんでいました。途中で観客の小さな子供と一緒に踊ってみたり、観客から拍手が絶えません。

 

 

 

image7352190102241.jpg

 
このメイク、落すの大変そう

 
 
image7115169102242.jpg
 
シュテファン寺院前
 
 
このアングルは「春のワルツ」で、トヨン君が歩いたシーンで有名です。
一緒にUPしたかったけれど、写真探せなかった。スミマセン。
 
左手にある近代的なビルはホテルとレストランです。
上階に風人さんお勧めのカフェもあるのですが、
宿泊者か予約済みのお客しか入店できませんでした。
 
おまけにジーンズ姿の娘の入店はちょっと無理そうな雰囲気です。
ちょっと覗いて、こそっと戻った母娘でした。
動きが怪しかったかな~?^^;
 
 
 
 
 
天気は曇っちゃったけど・・・

 
 
image5220155102243.jpg
 
さぁ!登ろう!
 
シュテファンの頂上へ!
 
 

image92911891002244.jpg

 
目がクラクラ~@@
 

 

足腰はブルブル~!
日頃デスクワークばかりの運動不足を身にしみて実感するハメに。
 

 

 

 

image44315111002245.jpg

 
カリヨン

 

 

 

 


image73483941002246.jpg

左右対称のバロック建築・ベルヴェデーレ宮殿
 
 
 
 
旧市街からトラムに乗って南東に進むと、
トルコ軍からウィーンを救ったプリンツ・オイゲン公(1663-1736)の夏の離宮、
ベルヴェデーレ(美しい眺め)宮です。
 
 
 
ここにはクリムトの代表作「接吻」等、
世紀末の画家の作品が納められているオーストリア・ギャラリーがあります。
 
 
 
雨が降ってきそうじゃないですか
 

image4284981102247.jpg

 

 

 


image71139881002248.jpg

トラムに乗って

 

 


image84702171002249.jpg

 
の建物

 
 
 
 

image724571610022410.jpg

Kunst Haus Wien
 
 
 
日本では「百水」( 名前直訳 )という雅号で知られる芸術家、
フンダート・ヴァッサーの美術館
 
 
おとぎ話に出てくるような外観

 

image889018710022411.jpg
 
中にカフェもあり、ちょっと一休み
 
ザッハートルテ、かじってしまった。
 

 

image2695844010022412.jpg
壁に埋め込まれた芸術の瓶達

 

 


 
 
image425407410022413.jpg
おもちゃのよう・・・
クレヨンで塗ってみたくなる

 

image81210610022414.jpg
 
少し離れた所で見つけたガレージ
 
 
 
 
さらに2~3分歩くと・・・
 

 

image16119241022415.jpg
 
フンダート・ヴァッサー ハウス
 
 
建物前もでこぼこ盛り上がっていて、
老人はつまづいてしまいそうな歪んだ歩道なんですよ。
 
 
この芸術家の作品は日本にもあるんですって。
大阪のゴミ処理場等有名らしいです。
 
 
この数日後に偶然にも別の場所で
この芸術家の作品に出会う事になりました。
 
 
 
 

 

image37978191002246.jpg
 
オーストリアのガウディと呼ばれているそうです
 
もっとたくさんお見せしたいけれど、
容量オーバーでUPできません。
ごめんなさい。




image262448510022417.jpg
帰りに見かけた川向こうの面白ビル
 
( プラハのみたいにまだ踊ってないらしい・・・ )
 
コレわかる人、旅の鉄人ですね。
 

 

image160130310022418.jpg
 
娘のイチオシ一枚

 

 


image7934863100219.jpg
ゲストハウスの窓から夕暮れ

 

 

翌日からは、鉄道でスロバキアのブラチスラバに向います。

Wien S醇・bahnhof から Bratislava-Petrzalka と Bratislava hl.st.  へ行く2通りがあります。

 

 

ルート検索

 

 

ブラチスラバ駅に大きな荷物を一時預けて、翌日は同じ駅からハンガリーの

ブダペストに行くつもりなので、丁度良い時間を確認したら 

Bratislava hl.st. 行きに決りました。

 

ルートを調べてみたらWien S醇・bahnhof南駅)を出た列車は Simmering 

という駅を通るではありませんか。

この駅はゲストハウス前から乗れるU3地下鉄の終点なので、大荷物を持っ

乗り換え無しは便利ですね。

 

前夜はこの大発見で、南駅へ出るわずらわしさから開放され

大喜びしていた私でしたが、翌日 Simmering で切符が買えないなんて、、、

 

誰が知るものですか。。。

 

 

 

Comment

 

夏のシュテファン寺院、人が多いんですね、びっくりです。
チェハの歩いていた角度からの眺め、私が行った12月は、クリスマスツリーが
立ってました。そして、人はまばら、
塔へ歩いて登られたんですね。良かったですね。屋根がとっても美しいです。
シュテファン寺院とモダンなハースハウスの対比が面白いです。
面白いといえば、この歪んだような建物、フンダート・ヴァッサーの建物ですか。
ユニークですね。その上の・ベルヴェデーレ宮殿の左右対称と比べたら、本当に凄いです。きっと少しばかり、この左右対称の美しい建物に刃向かってみたかったのかもしれないですね。ウィーンのガウディですか・・・・・
ウィーンは建物が面白いと言いますが本当に面白いですね。
旅の達人にはまだまだ まだまだ到底なれないので、わからないですが、あのビルは何でしょうか?≪プラハのみたいにまだ踊ってないらしい・・・≫少しずつピサの斜塔みたいに??何だろう??
次の列車の旅はまた何かハプニング発生ですか?自由旅行は、ハプニングもあるけれど、スリリングで楽しそうです。
  • posted by miecolor 
  • URL 
  • 2008.09/25 23:26分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

こんばんは。
ガウディね・・・私もパッと見てすぐにそう感じましたわ。
不思議な街ですね~。
クラシックな様式の建築物と前衛芸術的な建築物と近代的なビルが混在するなんて・・・。でもバラバラなのに、妙に調和してるのは他の街並みがまったく邪魔してないからでしょうか。
ザッハトルテ・・・写真で見ただけでも、超甘そうでお腹いっぱいになりそうです~。
あ・・・クリムトの接吻ですが、主人の会社の同僚さんたちが私たちの結婚祝に額入りでプレゼントしてくれました。
ジュリア・ロバーツ主演の映画「愛の選択」にもクリムトの絵がたくさん出てきます。この映画、ケニー・Gの音楽があまりによくて結婚式のBGMに使いました。
あ・・・話が思いっきりずれました・・・。お粗末さまでした~。=3スッタカタ~
  • posted by H・T 
  • URL 
  • 2008.09/26 00:05分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

こんばんは~。プリマさん!!先日はコメント初っ端から大変失礼いたしました(汗汗
シュテファンの頂上に登られたんですね。息切れしそうな高さですね。私なら足も震えそうですw
フンダート・ヴァッサーの美術館色んな方の写真でしか拝見したことありませんが、とってもおもしろい外観ですね。見ているだけで楽しそうです^^なんだか街そのものが芸術のような感じもしますが・・・是非一度実物を拝見してみたいです!
お2人がどんな風に街を歩かれたか想像するだけで楽しいですね~♪
お嬢さんの一押し写真、綺麗なセピア色で素敵ですね。
それにしても、切符が買えない??一体どういうことなんでしょう?切符が買えないってことは・・!?
  • posted by まみぞう 
  • URL 
  • 2008.09/26 00:28分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

こんにちは♪ 芸術が盛りだくさんですね~!  写真の構図もお上手です☆
ヴァッサーの美術館いらしたのですね♪  いいな~^^
曲線といい色といい奇抜ですね。  カフェの床も波打ってるそうですね。
芸術の中でお茶を楽しむなんて贅沢な体験だと思います。 
美術史美術館の吹き抜けにあるゲルストナーも、「こんなところで飲んでもいいの?」と思うくらいの荘厳な場所なのに、カジュアルにいただける素敵なカフェでした♪  
ほんと、魅力的なカフェあり過ぎですわ。。。  まわりきれないですよね~。
お嬢さんの写真も、ゲストハウスからの写真も、雲がいい味わい。。
セピアいろの建物は、壁に細かい装飾が施されているのでしょうか? 形もきれい。
ガラス張りのビル、ちょっと似てますね^^   (フレッドアステアも好きなんです^^♪)
大道芸のお兄さん、こんな感じの人たくさんいましたね。 皮膚呼吸できなさそう!
『007ゴールドフィンガー』のクネクネ金箔ボディー思い出します!?  
 
おおっ、シュテファン寺院は下からずっと階段で昇られたのですか? 
動悸息切れ派の我々夫婦は、もちろんエレベ-ターでした。
街が一望できて景色は抜群なのですが、 
屋根の勾配が急だし、ちゃちな金網だけ?なので怖いですよね・・・・
次の列車の旅、また何かが・・・起こるのね?   楽しんじゃってごめんなさい(#^^#)
  • posted by ふじくに 
  • URL 
  • 2008.09/26 11:05分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

primaveraさん、こんばんはー^^
(ノ´▽`)ノオオオオッ♪やっぱり建物がすごい(*^_^*)
特に左右対称のバロック建築言葉が出ませんね~^^
何か不思議な空間に居るみたいです~(*^_^*)
頂上なんて・・・俺も写真で「クラクラ」>▽<;; アセアセ
(( -ノェ-)コッソリ俺高い所大の苦手ですからね~^^;)
しかし町並みが本当にオシャレですよね~関心させられますね~^^
ビルが芸術になっているんですからね~本当にすごいです~(*^_^*)
  • posted by 熊本の風 
  • URL 
  • 2008.09/26 19:03分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

(ノ*´∀`)ノ☆ヲォォォォゥ゚+。*♪
あのホテルのカフェにも行かれたんですね。
私の行ったときは何もいわれず入れてくれたのに・・・ε=(。・`ω´・。)プンスコ!!
そんな高級なホテルじゃないですよ;^^
シュテファン寺院、階段上ったんですね。ぉ⊃ヵれ様 ☆⌒(○ゝω・)b
苦労した価値のある良い眺めです~♪
ヴァッサー、良かったですか?
私が行ったのは12月だったので、樹木は葉が落ちてましたが
この写真だと青々してて壮観だったんでしょうね!
都市と植物との共存をこんな形で具現化されると、感動とともに圧倒されます。
  • posted by 風人 
  • URL 
  • 2008.09/27 14:35分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

素敵な写真ばかりですね。。
きれいで見入ってしまいました。
そんな風景のところに一度行ってみたいなって思ってしまいました。
こちらもだんだん寒くなってきましたがそちらはどうですか?
  • posted by ハイビー 
  • URL 
  • 2008.09/27 20:41分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

皆様、こんばんは☆
たくさんのコメントをありがとうございます。
ちょっと仕事がたてこんでいるので、お返事は、もう少し待っていてくださいね。
楽しい週末をお過ごしください。
  • posted by primavera 
  • URL 
  • 2008.09/27 22:56分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

primaveraさん、お久し振りです! primaveraさんのヨーロッパ旅行記は斜め読みをしたくなかったので、週末にゆっくり読ませていただきました。
ウィーン素人でもなく、ロケ地巡りでもない、ツウの旅行記ですね!私も行ったことのない所がたくさんで、確かに途中から「あれ、これってバルセロナの話だったかしら?」と錯覚するような建物ですね。とても新鮮でした♪
「プラハのみたいに踊らない」・・・う~ん、これはお手上げです!まだまだ旅の鉄人にはなれませんね ^^; 教えてください。
  • posted by Olive YO 
  • URL 
  • 2008.09/28 21:46分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

primaveraさま 今回も自分で歩く旅で素敵ですね。お写真もいっぱいで楽しく拝見させて頂きました。ベルヴェデーレ、中には入られなかったのですね。でも全体の美しさもうっとりですね。色遣いなんかさらっとしているなぁと思います。
フンダート・ヴァッサー、面白いですね。楽しくなります。美味しいザッハートルテも召し上がって・・・。お嬢様一押しのお写真、あの電線が良い感じを出しているって思っているんです、私一人で。うっとりしてしまうお写真ですね。
>誰がしるものですか
教えてくださ~い!是非。次回を楽しみに待っております。
  • posted by モード 
  • URL 
  • 2008.09/29 05:55分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>miecolorさん、もう旅立たれていらっしゃるのですよね~!
夏のヨーロッパはどこへ行っても、人人人の嵐でした。
一日が長いせいか、人を見て疲れてしまう事もしばしばでしたよ。
その点、秋は冬程陽が短くないし、人垣に邪魔されずにゆったりと旅が楽しめるのでは
ないでしょうか。紅葉の街路樹が素敵でしょうね。
フンダート・ヴァッサーの建物は大変ユニークでした。
子供がおとぎの国で出会ったような、面白い構造ですね。
でも地面がデコボコしているので、お年寄りは無理です。
ヨーロッパの建築は歴史の有る無しに関わらず、美意識をくすぐってくれますから、
観察しすぎても飽きる事はありませんね。
是非、プラハでもビル見物を楽しんできてくださいね。
謎が解けますよ~? ^^
旅のハプニング、いろいろあって本当に話が尽きません。
でもそういうハプニングそのものが、旅の中で一番面白いんですよね。
平穏なパッケージ旅行は、私には向いていないのかもしれませんね。^^;
  • posted by primavera 
  • URL 
  • 2008.10/01 23:07分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>H・Tさん、この建築、ガウディ色を感じますよね。
実を言うと、私はまだスペインに行った事がないので、本物のガウディを知らないのです。娘は2年前に一人旅で本物を見てきたので、話はいっぱい聞きましたが、
百聞は一見にしかず・・・いつか本物を拝みたいものです。
日本のビルも新旧混在して建ち並んでいるけれど、何故か統一感が無いですよね。
この美意識の欠如はなんなのだろうと思います。
ヨーロッパの石の建築は何百年も健在なので、それこそバロックや、ロマネスク、
ロココ、等、様々な時代の様式が混在していますが、ぶつかり合わずに共存していますよね。不思議な調和が織り成されているんですね。
ザッハトルテ、ハイ、甘かったです。そしてユーロ高で悲しかったです。^^;
クリムトの絵からたくさんの想い出に包まれて、お話が発展してゆくって素敵じゃありませんか?? その映画、私まだみていないので、機会があったらみたいです。
  • posted by primavera 
  • URL 
  • 2008.10/01 23:18分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>まみぞうさん、おひさしぶりです。
思いっきり間が空いてしまい、申し訳ありませんでした。
あらあら、コメントの件は全然気にしていませんよ~逆にウケてましたから~(^o^)?
シュテファンのテッペンは「風人」さんからお勧めされていたんです。
是非登らなくちゃ!って、張り切ったんですが、グルグル螺旋階段で、
足腰フラフラで、目がグルグルに回ってしまいました。
上からの景色は気持が良かったですよ。
私もいろいろな方の旅行記は写真でしか、知りませんでしたけれど、
実際に行ってみると感慨深いものがありました。
『ココに来た!』っていう、達成感でしょうか。^^
続きの旧共産圏も面白い道中でしたよ。
今回はウィーンも何もかも全部初めての所だったので、とても新鮮でした。
娘はカメラをいじくりまわして面白い撮り方しますが、
私はまだ全然使いこなせません。修行しなくちゃ!ですね!
切符が買えない私達は、列車に乗れたのか?
次回をこうご期待!  ←って、次回はいつ???^^;
ペンが進まなくてね~。。。。スミマセン。
  • posted by primavera 
  • URL 
  • 2008.10/01 23:36分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>ふじくにさん、
はい! ヴァッサーのカフェで休憩してきました。
床が波打っていて、転がりそうになりましたよ。
美術館巡りはいくら時間があっても、足りなくなってしまいます。
もっと休暇が長く取れればうれしいのですが、なかなか現実は厳しいものです。
まぁ!? ふじくにさん、さすがですね!
ジンジャー&フレッドをご存知なので?! 
ふじくにさんは実は『旅の達人さん』 なのではありませんか?
映画やダンスにもとてもお詳しくて、脱帽ですよ~??***ヾ(≧∇≦)ノ"*** ??
『007のGF』 わぁ、懐かしいこと!あのメロディーが頭の中をグルグルし始めました?
クネクネ金箔ボディー~?? あはは~!いましたね!
でも・・・この映画公開時は、私、まだ子供でしたよ~^^;(念の為・・・)
シュテファンのエレベーター?それは北塔ですね?
私達が登ったのは、南塔だったのでした。
さすがにテッペンでは息が切れておりましたよ。日頃の運動不足を実感です。^^;
次の列車の旅も、もちろん!珍道中でした。
どうぞ、楽しんじゃってくださいね!(?ゝω・?)
  • posted by primavera 
  • URL 
  • 2008.10/02 00:18分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>熊本の風さん、
このベルヴェデーレ宮殿の水面に映る均整のとれた美しさ、晴れていたらもっと素敵だったでしょうね。とても残念でした。
そういえば、水面に映る左右対称は、、、日本の宇治平等院も同じですね。
日本の町並ももっとたくさんそのまま残っていれば素敵でしょうにね。
あら?高い所が苦手ですか?
山もダメでしょうか。。。雲海は下から眺めるだけに???
それは残念ですね~!
町並はどこも皆美しくて、どこをとっても絵になりますね。
日本ももっと景観を大切に開発してほしいものです。
  • posted by primavera 
  • URL 
  • 2008.10/02 00:30分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>風人さん、 はいは~い!?
お勧めのカフェに上がっていきましたとも~!!!
そして丁重に追い返されてしまいましたとも~!!!
「ご予約」必須でございましたとも~!
娘のジーンズ姿は、ちょこっと場違いと思われてしまいましたとも~!!
いいなぁ・・・風人さん、、、、入れてもらえて。。。o((><o))
でも、立ち去り際に背伸びして、シュテファンの屋根が見えましたとも~!
次回ウィーンを訪れる際には、バッチリ予約してリベンジさせていただきますとも~?
ヴァッサーの周囲には、たくさんの観光客が押し寄せていましたよ。
建物の上からも樹木がすくすくと青い葉っぱを生い茂らせて、憩いの場所になっていました。もっとたくさん写真を撮ったのですが、載せ切れませんで残念です。
  • posted by primavera 
  • URL 
  • 2008.10/02 01:12分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>ハイビーさん、こんばんは。
ちょっと曇り空??の写真ばかりで残念でしたが、楽しんでいただけて嬉しいです。
翌日から帰国までは、ほとんど快晴で気持の良い景色をお見せできます。
次回をご期待くださいね。
私の所もだんだん寒くなってきましたよ。
夜はお布団を探してブルブルしてしまいます。
もう夏は遥か彼方にサヨナラなのに、ちっとも夏の旅行記が進まない私でした。
  • posted by primavera 
  • URL 
  • 2008.10/02 01:19分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>Olive YOさん、こちらこそ、お久しぶりです。
そんなに丁寧に旅行記を読んでくださって、本当にありがとうございます。
実は、、、ウィーンは素人なんですよ~!今回が初めてなんですもの。
もうちょっと時間が欲しかったなぁ、と、回り切れなかった所に後悔が募っています。
ロケ地巡りは、、、実を言うと、そんなにドラマを観ていないので、
正直「浦島太郎さん」な primavera なんですよ~。。。(*ノω<*)
プラハでも、、、「プラハの恋人」見て無いしねぇ、、、。
誰か!私にドラマを見る時間、くださ~い!!!
「プラハのみたいに踊らない」  ← ヒントは、「ジンジャー&フレッド」ですよ?
種明かしは、プラハ編でね!・・・って、いつになるんだか、って、感じですが。。。
  • posted by primavera 
  • URL 
  • 2008.10/02 01:30分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>モードさん、こんばんは~☆
この足でたくさん歩きまわって、元気に旅を楽しんできましたよ。
今回はモードさんの懐かしい逸話の場面ありましたか?
ベルヴェデーレでは時間が押してしまい、中を見る事ができませんでした。
美術館は何時間もかけてゆっくり見たいですが、やっともらえた休暇ですから贅沢は言えませんね。
ウィーンに来るまでクリムトはあまり好みでは無かったのですが、実際にウィーンに来てから印象が少し変わってきました。その画家の居場所に来て見て、初めて理解する事もあるのですね。
次回、ウィーンに行く事ができたら、是非中に入ってクリムトを堪能したいと思います。
ウィーンにも電線があり、景観をジャマしているのかと思ったら、
そうでもないんですよね。そのまま絵になってしまっていて。。。
電柱が無いからでしょうか?
切符が買えなかった私達、、、いろんな事があるものなのですね。。。(´_`。)
  • posted by primavera 
  • URL 
  • 2008.10/02 01:53分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

街の中に芸術が組み込まれていて興味深いね いい感じだ^^
  • posted by Marky♪ 
  • URL 
  • 2008.10/02 21:45分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>Marky♪さん、こんばんは。
芸術が身近に溢れている環境って、素敵ですよね。
日本人ももっと環境に興味を持って、街を開発してほしいものです。
この芸術家の作品は、大阪にもあるそうですよ。
日本では周囲と調和しているのか、興味ありますね。
  • posted by primavera 
  • URL 
  • 2008.10/03 00:04分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

primavera piccolo

Author:primavera piccolo
KATSUJI FOREST GALLERY のサイトからいらっしゃったお客様は、左下のカテゴリ・PIANO からご覧ください。

2009年9月15日以前の記事やコメントは、旧サイトから移転させたものです。

Under construction

Translate

Visitors since 2010

free counters

FC2カウンター

最新記事

4travel primavera

QRコード

QRコード

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。