Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中欧旅行 9 * ブダペスト

   猛暑の一日  

( 2008年8月の旅行記です )

 

 

 

 

Bratislava hl.st ブラチスラバ中央駅から

Budapest Keletip ブダペスト東駅までは約3時間弱かかるので、座席に座れないと結構キツイ旅になった事でしょう。

幸い私も娘より一つ奥のコンパートメントに空席を見つけました。そこには台湾・ギリシャ等の医学部の学生さん達が座っていました。

彼らは夏休みの交換留学で、スロバキアの医療を学びに来ていて、

今日はこれから週末を利用してブダペストに観光へ行くんですって。

向こうのコンパートメントには、それ以外の国からの学生さん達が、いくつかのグループに別れて乗っているんだそうです。

 

台湾の青年がいろいろ話しかけてくれて旅行話で盛り上がり、私が『九份を訪れた事がある』(『千と千尋の神隠し』の舞台にもなったそうです)と、言ったら、「ここに写真があるよ。」と、自分のデジカメの画像を見せてくれました。

 

「あぁ、この急階段! 私は高齢の両親と一緒だったので、たくさんの階段を登るルートでなく下るルートにしたのよ。とても懐かしい感じのする所だった。」

「そうそう、あそこはノスタルジックな雰囲気がとても素敵な所なんだ!」と、嬉しそうに隣のギリシャ人の学生に紹介していました。ギリシャの学生さんにとっても、その独特な風景は、まだ見ぬ東洋への憧れを抱くに充分な魅力を放っていたようでした。

 

この日は35度近い猛暑で、コンパートメントはサウナのよう。。。

冷房が壊れているのか、ちっとも冷えないのでした。

列車の遅延の疲れと暑さでだんだんグッタリしてきてしまい、

気がつくとコンパートメント内の6人全員が、爆睡してました。

なんとのどかなコンパートメントなんでしょ。

 

お昼になると、ある学生さんがホテルの朝食を多めにナプキンに包んだ物をカバンから取り出しました。お昼代を節約しているんだそうですが、あっという間に食べてしまいましたね。あれだけじゃ足りなかったんじゃないかしら。。。

 

おもしろい学生さん達のお陰で、長い列車の旅も楽しく過ごせ、

気がついたらもうブダペストに到着です。

お互いに良い旅を!と、手を振ってお別れしました。

 

 

 

Budapest Keletip 

東駅です

 

 

 
遅れて到着した列車を出迎える人で
ごった返していました。
 
 
 
まずは、必要最低限の両替をせねば・・・。
この秋の金融危機で円が高くなる前だったので、泣きそうな程でした。
 
この写真の左手にある駅の両替所に向うと、フォリント束を握ったおじさんが
「両替ならこっちの方がレートがお徳だよ。」と、話しかけてきました。
1万円で14000フォリント だと言う。
 
ちょっと怪しいじゃありませんか?
そんな私の態度を感じたのか、「そこの両替所はぼったくりだから損するよ。
駅の中だから殿様商売してるんだよ。まずそっちでレートを確かめて、それからどうするか決めたらいい。」と言って、又、別のお客に商売を持ちかけていました。
 
駅の両替所のレートは 1フォリント=約0.83円 だったので、
1万円出しても12000フォリント にしかなりません。
 
う~ん、どうしよう、、、。
娘は「止めておいた方がいいんじゃない?」と、まっとうな意見です。
          
 
 
 
 
悩むわ~ 
 
 
 

えぇい! 決めた!

 

他のお客が両替しているのを見てちょっと安心した私。

 

タクシー代等の必要最低限だけ、このおじさんから両替してもらいましょう!

街中へ行けばもっとレートの良い手段があるはずです。

 

おじさん、「ホ~ラ、戻ってきたね。」と、勝ち誇った顔してました。

 

 

さて次は、帰りのウィーン行き列車のチケット購入です。

今度は反対の写真右側にある国際列車の発券窓口に移動したいのですが、

とにかく混んでいて前に進めない。

 

この日はとてもダイヤが乱れ、どの列車も遅れまくって人々が駅に滞留してしまっていたのでした。バックバッカーの若者達も疲れ切ってロビーの壁側に寝転んでいるし、発券窓口も工事中で表示が良く読めず大混雑でした。

 

ちっとも順番が進まないと思ったら、こんなに混んでいるにもかかわらず、開いている窓口は一箇所のみ!30人以上が並んでいるので、待っていたら日が暮れてしまうわ。

 

もういいわ。3日間滞在予定だから、その間になんとかなるでしょ。

チケット購入は後回しにしましょう。

 


 
タクシーの運転手さん曰く「今日のブダペストはアフリカより暑いよ。」だって。
ゲストハウスにたどり着いて一休みしてからの探索となりました。
 
使えるようになった携帯メールで早着をオーナーに連絡してあったので、
ちゃんと鍵を受け取る事ができましたよ。 携帯万歳!
 
このゲストハウスは2部屋のみの小さな宿ですが、オペラ座のすぐ横に有り、
地下鉄OPERA駅からも徒歩2分程、ブランド店やカフェが建ち並ぶ閑静なロケーションです。
 
建物にあるボードに暗証番号を入力すると玄関が開いて、さらに渡された鍵を三つ使って自分の部屋にたどり着きます。小さなキッチンや冷蔵庫もあるので、住民になったような気分を味わえました。
 
 
 
 
ちょっと休んだら、さっそく散策にでかけましょう!
 

 

 
ドナウ川に面して建つ国会議事堂
 
 
あらら・・・またしても右側の部分が修復中。ついてないわ。

 建物はネオゴシック様式で、ドームはルネッサンス風
内部はバロック様式。
 
 
 
 
 

 
有名な くさり橋
 
 
 
1849年、それまで渡し船で行き来していたブダとペストを
初めて結んだ橋。
 
 
 

 

 
くさり橋のペスト側から見たブダの王宮
 




王宮 
 
 
 


 
夕焼けの王宮
 
 
 

 
 
くさり橋のライオンと夕陽

 
 

 

黄昏のブダ

 

 
 

 
ハンガリーの代表料理 グヤーシュ Gulyás
 
 
 
 
パプリカで味付けした牛肉の煮込みスープ。
 
Gulyás ← 読めませんよね ..... ^^;
 
 
 
 
美味しかったですよ~ ??
 
 
 
 
 

ドナウ川 ナイトクルーズに出かける
 
 
 

 
ライトアップが美しいブダ王宮
 
 
 
日暮れと共にだんだん気温が下がり、上着無しではいられなくなってきました。
船のデッキには長居ができない程です。
昼間はアフリカ並の暑さが、夜は北欧並?
 
 

 
 
 
 
ドナウの真珠

 
 
 
 
 
ハンガリーは遊牧民であったマジャル人が築いた国で、
13世紀にモンゴル人(タタール人)、
16世紀から150年近くオスマン朝トルコ、
第一次世界大戦まではオーストリアの支配下にあり、
第二次世界大戦後は旧ソビエト連邦の支配下にさらされてきました。
 
 
マジャール人には東洋の血が流れており、
赤ちゃんの時には蒙古斑があったり、
名前は姓が先だったり、
モンゴル人支配下の影響の為か?馬を操るのもとても上手です。
 
 
 
 
 

 
ライトアップされたくさり橋
 
 
 
 
東京の夜と違って、漆黒の空の美しさが心を鷲掴みです。

 

 

 

 

 

Comment

 

列車内の台湾の学生さん、気さくな方でよかったですね^^
それにしても、外国語が堪能なprimaveraさんに感心しきりです^^
この時期に8月の旅行記を読ませていただき、気分だけでも暖かくなりました^^
ドナウ川クルーズ、ライトアップされた街がとても幻想的できれいですね^^
漆黒の空、吸い込まれそう^^
  • posted by テルテルボーズ 
  • URL 
  • 2008.11/20 13:43分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

御無沙汰しております。で、いきなり沢山の素敵なブタペストの空の写真のうっとり!
コンパートメントでの学生さんとの会話 いいですね。
話せるとこういった楽しさを味わえるから、海外の旅はやはり少しでも言葉を学んで
出掛けた方が楽しいのでしょうね。
これから、primaveraさまの旅をさかのぼって楽しんできます。
  • posted by モード 
  • URL 
  • 2008.11/20 18:29分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

列車で入られたブダペスト、やっぱりご自分で汗かいての旅行は感慨が違います。
素晴らしいですね。鎖橋、王宮、国会と夜景も美しいです。
そうなんですか。昼は熱帯、夜は寒くなる東欧の夏なんですね。
≪漆黒の空の美しさが心を鷲掴みです。≫本当に素朴な人の暮らしがそこにあるって思いますね。人口の灯りが満載の地域は、世界でもそうないんですよね。
漆黒の夜を忘れてはいけないですね。またまた素敵なブダペストに浸れて幸せです。
  • posted by miecolor 
  • URL 
  • 2008.11/20 21:36分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

暑い車内での長旅も楽しい人達と一緒ならいいもんですね。
ライトアップも綺麗だし、ドナウの流れもいいんだろうな。
ブダペストも好きな街のひとつです。 行ったこと無いですけど。
  • posted by マイアミ西 
  • URL 
  • 2008.11/21 02:00分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

こんにちは。
あ~・・・以前にも言いましたが、TVで見た列車の旅の番組でやはりコンパートメントで音大生の女の子たちと触れ合った話を思い出しました。^^
やっぱ、いいですね~。旅って。
王宮などの建物、すごく大きくて、美しくてどっしりしてますね~。
なんか圧倒されます。
あ!以前聞いたことあります。ハンガリーと日本は似てるって。
やはり東洋の血が・・・。それに温泉もありますしね。^^
ひゃ~、出たあ!パプリカ料理!!やっぱり特産品なんだ~。
えっと・・・ギリシャの番組ですが、観光地ではなく旧市街地・プラカという町を中心に、下町の風情が映ってました。
アクロポリスがよく見えるホテルに宿泊。とても素敵な小さいホテルでしたよ。
あと、マティという目玉の魔よけが雑貨屋さんにいっぱい売ってありました。
とても人情的な町のようです~。^^
  • posted by H・T 
  • URL 
  • 2008.11/21 11:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

お久しぶりです。
美しい写真に心が揺さぶられました。
以前読んだ本には河の右岸と左岸で街の構造や役割が異なるのだと書いてあったことを思い出しました。街中の写真も期待しています。
昔は共産圏だったから遠い国だと思っていたのに、こうやって写真が見られるなんて!ついでに、○十年前ハンガリーからの留学生にナンパされそうになったこと思い出しました(笑)。
  • posted by buridaikon 
  • URL 
  • 2008.11/22 15:47分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

primaveraさん、こんばんはー^^
本当にいつも珍しい風景ありがとうございます~(*^_^*)
やっぱり見た事のない風景を見るって良いですね~ワクワクo(´∇`*o)(o*´∇`)oドキドキします(=⌒▽⌒=) ニャハハハ♪
雰囲気もあるんですかね~日本で似た様な風景を探すんですけどまったくありませんね~当たり前ですかね~(^^;)
何気にライオンの口に腕を入れたいような~(〃^∇^)o_彡☆あははははっ
  • posted by 熊本の風 
  • URL 
  • 2008.11/22 18:02分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

こんにちは~♪    旅は道連れ、地でいってらしゃいますね~☆
ほんと旅行は、人とふれあう楽しみもたまりませんよね。(^ー^) 
暑い列車で、熱中症にならなくて良かったですね~! 年々暑くなって来てますものね。    医学生のお供がいるから安心だったかな?
両替はいつも悩みますよね。 一種の賭けですわ。 楽しんでしまいましょう!(苦笑)
やはりヨーロッパの石の建物は絵になりますね☆ 
あ~、そこに立って、その空気を感じてみたいです。 行きたい病が始まりましたわ。
  • posted by ふじくに 
  • URL 
  • 2008.11/23 09:59分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

毎回ながら、綺麗な写真で海外旅行へは当分いけなさそうな
自分は癒されます♪それにしても、夜景が綺麗で良いですね。
日本でもありますが、王宮(&城)は防備などの都合上もあるん
でしょうが、山の上や川のそばが多いですね。
  • posted by ☆ひこ☆ 
  • URL 
  • 2008.11/23 23:10分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>テルテルボーズさん、
若い人達は、活気に満ちて笑いが溢れて楽しかったです。
日本からの留学生も、別のコンパートメントに乗っていると言っていました。
たくさんの仲間と見聞を広めて、心の広いお医者さんになってもらいたいです。^^
実は私、そんなに外国語堪能じゃないんですよ~。
仕事で使っている英語は、所謂 『想定内の会話』なので、なんとかなるのですが、
CNNとか映画とかは・・・ついていけなくなる事多々有りです。 ^^;
「本州に雪が降った!」とニュースで報道されている今頃、8月の話もなんだか?
ですよね~ (*≧m≦*)
でも、私のブログはこのように↓
http://myhome.cururu.jp/eathan/blog/article/81001573794
40数年前の事まで、遡っちゃうようなワープしてますから・・・どうぞお許しを!
ドナウ川って、数カ国間を悠然と流れて黒海に注いでるすごく長い川ですよね。
その流れの中に数々のドラマがあるんだなぁって、感じながらクルーズしていました。
ライトアップは明るすぎず、程よい瞬きが心地よかったです。
  • posted by primavera 
  • URL 
  • 2008.11/25 23:55分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>モードさん、
こちらこそご無沙汰していて、本当にすみませんでした。
ブダペストの景色を楽しんでいただけて嬉しいです。
私が乗ったコンパートメントの学生さん達は、皆英語が話せたので、
とても楽しかったですよ。
ギリシャの方とお話したのは初めてでしたが、ギリシャ神話の話とか、
ブラッド・ピットの主演映画『トロイ』等で盛り上がりました。
  • posted by primavera 
  • URL 
  • 2008.11/26 00:03分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>miecolorさん、
はい、立派に真夏のコンパートメントで汗かきました。^^
面白い事に、前回のウィーンでも、阿蘇でも、今回の中欧各地でも、
miecolorさんと私は時間差で同じ所に立ってますね。
ご縁があるんですね!?
夏の気温は、その日の空気の乾き具合で体感温度が随分と違うようです。
この日の蒸し暑さと言ったら、サウナのようでしたよ。
駅の写真だと、小さく写っている女性が肩を出していますもの。
その同じ日の夜に、こんなに冷え込むとは思いもよりませんでした。
関東に暮らしているせいか、夜の眩しい空に馴れっこになっていました。
必要最低限の灯りで、且つ、美しく計算しつくされたライトアップで
暗い夜空が魅力を際立たせています。
  • posted by primavera 
  • URL 
  • 2008.11/26 00:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>マイアミ西さん、
そうなんですよね。
気まずい人と一緒のコンパートメントでなくて、本当に良かったです。
グーグ寝てしまえる程良い距離感も保って、楽しかったですよ。
ドナウの流れは青くはなかったけれど、悠然と長い歴史を刻んでいるんだなぁ、、、
と、思わずにいられませんでした。
是非、お気に入りの街に入れてあげてくださいね。
  • posted by primavera 
  • URL 
  • 2008.11/26 00:47分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>H・Tさん、
日本の列車では、コンパートメントってあまり見かけませんよね。
あの独特の雰囲気が、旅を素敵に演出してくれます。
この地に来るまでは、ブラチスラバのようにもっとこじんまりな街なのかと
想像していましたが、良い意味で期待を裏切ってくれました。
建物も道路の大きさも、さすがオーストリア・ハンガリー帝国!の歴史を肌で感じました。
そうそう、ハンガリーには温泉もあるんですよね。
入ってみる時間はありませんでしたが、ちょっと体験してみたかったカモ・・・
と、東洋の血が騒ぎました。^^;
パプリカって、スープでも生でも美味しいですね!
何故か日本で食べるパプリカより甘い感じでした。
例の番組はギリシャの旧市街地ですか?
どんなんかしら~??? 私も行きたい病がウズウズ。
いつかご一緒したいですね!
  • posted by primavera 
  • URL 
  • 2008.11/26 00:58分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>あぁぁぁ~、、、皆様、ここまで書いて体力の限界が。。。
続きも必ず書きますので、どうぞお許しくださませ。
2008年11月26日 01:05AM  From primavera
  • posted by primavera 
  • URL 
  • 2008.11/26 01:05分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>buridaikonさん、
お久しぶりです。お返事が大変遅くなってしまって申し訳ありません。
今晩、ブリ大根を作っていただきました。
とても脂ののった新鮮なブリだったので、大根に味が浸みて美味しかったです。
あぁ、日本人で良かった!と、思う冬の味覚ですね。
ブダペストは王宮で栄えたブダと商業で発展したペストは、ローマ帝国の遺跡があるオーブダと共に、1873年に合併したのですが、ブダとペストがくさり橋で繋がったのも、そのほんの少し前の1849年だそうです。
初めから一つの町ではなかったのですよね。
今やウィーンよりも人口が多い大都市になったそうです。
おやおや? buridaikonさん、ハンガリー青年にナンパされたんですか?
きっとアジア人の共感にburidaikonさんの魅力がプラスアルファされたのでしょうね!
  • posted by primavera 
  • URL 
  • 2008.11/27 00:12分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>熊本の風さん、こんばんは。
私も旧共産圏には初めて訪れましたが、西ヨーロッパとはちょっと違う
独特の憂愁の色合いが感じられて、とても新鮮な気持でした。
ライオンの口に手を入れたくなりますか?
ローマで『真実の口』に手を入れた事はありますが、
さすがにライオンは怖いかも・・・です。^^;
  • posted by primavera 
  • URL 
  • 2008.11/27 00:12分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>ふじくにさん、とても遅くなりました。ごめんなさい。m(_ _)m
このところ仕事もプライベートも忙しくて、なかなかログインできませんでした。
もうすぐ試験もあるので、脳に汗かいておりまする。。。助けてくださーい!
地元の人や他の旅人との出会いで、旅がより楽しく印象的になりますよね。
娘が彼らと同世代だったので、とても話が合いましたよ。
コンパートメントは冷房があまり利かなくて、ホント熱中症になりそうでしたが、
医学生の彼らの方が先にダウンしそうな感じでした。。。
きっと楽しくて、夜あまり寝ていないのでしょうね!
両替のおじさん、札束チラチラさせて商売上手でしたね~。
娘が「ニセ札だったらどうするの?!」と、釘を刺してくれたのですが、
あまりの美味しいお誘いにのってしまった私。
たくさん両替してニセ札だったら悲しいので、ほんの少しだけにしておきました。
他の旅行者も両替していたので、「ちょっと信用できるかな?」っとね。
  • posted by primavera 
  • URL 
  • 2008.11/27 00:13分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>☆ひこ☆さん、こんばんは。
今頃、ブダペストは真冬を迎えている季節でしょうね。
季節はずれの日記になってしまいましたが、
一緒に旅をお楽しみいただけて嬉しいです。
ヨーロッパの夜景は、光が多すぎずに控えめで本当に素敵です。
建物の魅力を充分に惹き出して楽しませてくれますね。
丘の上にお城を作るのは、やはり外敵からの防御の為なんでしょう。
川や海は輸送に便利ですから、世界の四大文明も川沿いに発展してますものね。
  • posted by primavera 
  • URL 
  • 2008.11/27 00:14分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

はぁ~~~「黄昏のブダ」ため息で言葉がありません・・・(〃 ̄∇ ̄ポ)
王宮はライトアップしているのですね~良い感じです~~ライオン様も威厳がありますね~~(u??u??) しばらく眺めさせていただきます。。。
  • posted by lilly 
  • URL 
  • 2008.12/15 10:05分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>lillyさん、留守の間にコメントをありがとうございました。
長らくお返事もできずに大変もうし訳ありませんでした。
帰国しましたら、他のコメントにもお返事を入れますので、もうしばらく失礼をお許しくださいませ。
  • posted by primavera 
  • URL 
  • 2009.01/08 04:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

primavera piccolo

Author:primavera piccolo
KATSUJI FOREST GALLERY のサイトからいらっしゃったお客様は、左下のカテゴリ・PIANO からご覧ください。

2009年9月15日以前の記事やコメントは、旧サイトから移転させたものです。

Under construction

Translate

Visitors since 2010

free counters

FC2カウンター

最新記事

4travel primavera

QRコード

QRコード

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。