Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中欧旅行 14 * ドナウベンドへ

 

 

 

なんと言う事でしょう・・・!

プチ引越の混乱で、中欧旅行の貴重な資料いっさいがっさいが

行方不明になってしまいました。

やっとSDカードを発見しましたが、地図やら、パンフレットやら、

チケットやらがどうしても見つかりません。

 

(*≧m≦*)(*≧m≦*)(*≧m≦*)(*≧m≦*)

 

 

情報詳細等が不明のままのUPとなりますが、どうぞお許しを~

(そのうちどこかからひょっこり出てきましたら、追記でUPいたします)

image6884858[1]
ゲストハウスのオーナーが用意してくださった
栄養満点の朝食
 
 
自分のお部屋で頂きます。
 
色とりどりのフルーツは、ありがたかった!
パンの横に見える黄色は生のパプリカです。
こんな丸ごとの生食は初めてでしたが、
みずみずしくて本当に美味しく、
野菜不足になりがちな旅先の素敵な朝食になりました。
 
 
?*:;;;;;:*?*:;;;;;:*?*:;;;;;:*?*:;;;;;:*?*:;;;;;:*
 
 
 
 
ハンガリーに入国してから、私のSB社携帯でメール機能が復活!
いつの間にか、「ご利用料金のお知らせ」メールが届いていました。
オーストリアでは、全く機能しなかったのに不思議です。
 
 
例のチェスキー・クルムロフのミニバス予約のリコンファームを送信しました。
返事がちゃんと来るか、そのバスを見つけられるか、ドキドキです。
 
 
?*:;;;;;:*?*:;;;;;:*?*:;;;;;:*?*:;;;;;:*?*:;;;;;:*
 
 
この日も晴天に恵まれ、清々しい朝です。
せっかくなのでドナウ川沿いを北上し、ドナウベンドの町を散策する事にしました。
 
 
まず、エステルゴムまで鉄道で行く事にしました。
ゲストハウスのオーナーさんが、通常の路線が洪水か何かで不通になっているので、別の駅から始発になっていると教えてくださいました。
 
とりあえず、通常出発駅の西駅まで行き、インフォメーションで聞いてみる事に。
image4867661[1]
デザインがとても美しいブダペスト西駅
Nyugati p醇@lyaudvar

 
パリのエッフェル塔と同じく、
ギュスターブ・エッフェルによって設計されました。
 
どうりで鉄とガラスの組合わせの美しいこと。
image7470698[1]
インフォメーションがとても混んでいたので、
こちらのチケット売り場で聞いてみましょう。
 
 
しかし、、、こちらの窓口の方は英語がわからず、
結局インフォメーションに並びなおすことになりました。
 
 
少し時間を無駄にしましたが、
川向こうのHEV線駅Margit hid 駅から乗れると教えてもらいました。

 
image3050099.jpg
西駅の内装

 
 
この駅に隣接するマクドナルドは、世界一美しい店舗だそうです。
時間がもったいないので、覗き見は割愛。
 
image6623533.jpg
<
Margit hid 駅で切符を購入した後、
出発時間までドナウ川の中洲にあるマルギット島を散策してみました。
image3558912.jpg
踊る噴水
 

 
 島全体が公園になっており、
噴水が音楽に合わせて踊っている横で市民が楽しそうに寛いでおりました。
 

 
image4603854[1]
散策するにはもってこいの晴天
image8564426.jpg
近代的なHEVの車両
 
image7019481.jpg
清潔で快適な車内

 
車窓にはマルギット島
 
 
 
 
image1612820.jpg
車窓からのどかな風景
 

 
image6254520.jpg
どこの町かしら

 
image3998199.jpg

 のんびりとした風景が続きます
 
所要時間は約1時間半位
 
image9032869.jpg

男の子が見たら喜びそうな運転席
 
 ちゃんとシェードまであって、まるで宇宙船の操縦室みたいです。
 
 
 
image5626760.jpg
エステルゴム駅に到着
image2494882.jpg
 
日本のようなプラットホームはありません
 
踏み切りもないので、乗客は勝手に反対側の駅舎に渡ります。

 
image7469877.jpg
 
質素な駅舎
 
image8648907.jpg
 
駅前広場にあるバス停
10分程待ったらバスが到着しました。
1番か6番のバスで町の中心に連れて行ってくれます。
 
 
image2687921.jpg
 
のんびり閑散としているバス
 

HEVに乗っていた乗客のほとんどは、
お迎えの車でどこかに消えて行ってしまいました。
 
観光客はブダペストからバスツアーでやってくるようです。
駅を利用する外国旅行者は、あまりいないみたいです。
 
10分もしないうちに約2キロ先の町の中心を通りましたが、
お目当ての大聖堂は丘の上にあるので、
もう一つ先のBazilikaで降ります。
 
運転手さんに予め伝えておけば、
ちゃんと教えてくれます。
 
 
image1554793.jpg
 
いよいよハンガリーのキリスト教総本山・大聖堂です

ドナウ川を見下ろす丘の上は、真夏の太陽と清々しい風が吹いていました。

 

 

 

 

 

Comment

 

primaveraさま 素敵なお写真沢山拝見させて頂きました。
あぁ、素敵ですね・・・。
建物や鉄道などの乗り物のデザインが美しいとは知っていてもやはりため息でます。
そして何気ない小さな駅に、何もないのがまたお洒落に思える・・・何かの魔法でしょうか?
空の色、雲の形も、やっぱりどこか他の国とは違うと思ってしまう
ドラマチック大好きな 私でございます・・・・・。
  • posted by モード 
  • URL 
  • 2009.06/04 00:21分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

primaveraさま お写真の事ばかり書いていて大切な事書き忘れておりました。
今どこかに隠れているprimaveraさんの宝物はきっと見つかりますよ。
意外なところで、ドラマチックな再会劇を待っている時だと思います・・・・・。
  • posted by モード 
  • URL 
  • 2009.06/04 06:10分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

primaveraさん、プチ引越しはなおのこと大変です~~丸ごと引越しならそれなりの準備を覚悟しますが、プチとなると、準備も心構えもプチで、済ませてしまう恐いところが・・・我が家も息子達の荷物が届いてプチ引越し気分を味わいました。
ああ、懐かしい地名エステルゴムの大聖堂ですね。大きかった~~そこへ列車で入られた。さすが!です。いかにも、やって来た~~と実感ですね。
私たちは観光バスで、大聖堂に着いちゃった!でしたから、地面を自力で這って行く旅行の素晴らしさは何物にも、代えられません。
  • posted by miecolor 
  • URL 
  • 2009.06/04 13:52分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

綺麗な写真ばかりで、なんだか心洗われるようです。
簡単に行けるような場所だったら、すぐにでも行きたくなりますね。
あとは、資料が見つかると良いですね。
そういえば、自分も最近部屋の整理をしていたんですけど、資料で
もレシート等のインク類というのは結構消えてしまうのが多いんで
すね。日本の切符などでもそうですが、真っ白の紙が多くあり、
ちょっと寂しい気持ちになりました‥‥。
  • posted by ☆ひこ☆ 
  • URL 
  • 2009.06/05 13:20分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

こんばんは~。
資料が手元にないのにも関わらず、よくこんなに詳しく覚えてらっしゃいますね。^^
さすがですよん♪
美しいヨーロッパらしい田園風景(#^.^#)
なだらかな丘陵地とか、日本にはない風景です。
本当にお天気に恵まれましたね。
こういうお天気が続くと、旅も楽しくなります。
あとはおいしいもの・・・ですね♪
すっごい、こんもりとしたプレート・・・お腹一杯だったでしょうね。
コーヒーは・・・デミタスカップですか??^^;
それともプレートが大きいのかな?
エッフェル・・・そういえば、TVで見たパリのある工場跡もこんな感じ(鉄とガラスがすごく美しかった・・・)でした。確か設計がいっしょって言ってたような・・・。ふむふむ・・・納得。
  • posted by H・T 
  • URL 
  • 2009.06/05 20:40分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

primaveraさん、こんにちは。
プライベートのヨーロッパ旅行は2007年秋のあのオーストリア旅行以来していませんので、今年はどこかに行きたい!(これだけユーロもポンドも安いし)と思っていて、今の第一候補はハンガリーなんです。もちろん去年のprimaveraさんの旅行記の影響大です(*^^)v 読ませていただくといつもスメタナが私の頭の中で♪♪♪←こんな感じ。
車窓からのお花、黄色に白に、何でしょうね? 列車の旅は大好きですよ。いいですよね。
エッフェル塔との不思議な縁・・・これも現地に行ってみなければわからないことですよね。
きれいなお写真ありがとうございました。
  • posted by Olive YO 
  • URL 
  • 2009.06/06 10:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

ヨーロッパの田舎の風景は本当に美しいですね~。
飛行機が嫌いな僕ですが、生きているうちに旅行したいと思うようになってきました。
  • posted by のりあん 
  • URL 
  • 2009.06/08 22:07分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>モードさん、お返事が遅れてしまい、すみませんでした。
最近はなかなかCURURUにログインする時間が取れなくなってきました。
久しぶりの中欧旅行記更新でしたが、記憶が薄れてきてかなり危ないです。
乗り物や建物情報は、ガイドブックやWEBで検索すればわかりますが、
料金や所要時間等はチケットやメモが無いとアウトですね。
きっとそれらの宝物は、プチ引越しでかくれんぼしているんでしょうね。
この中欧旅行で、私は素朴な中欧が大好きになってしまいました。
この青い空と鉄道の想い出も大事にしまって、次回の旅への糧になる事でしょう。^^
  • posted by primavera 
  • URL 
  • 2009.06/15 10:30分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>miecolorさん、大変ご無沙汰してすみません。
最近、プチ引越し疲れがどっときてしまい、
仕事OFFの日もやる気が萎えて放置状態になっています。
整理整頓のエンジンを再起動しなければ、、、^^;
miecolorさんのエステルゴム記は、ちゃあんとアップデートで拝見させていただき
ありがとうございました。
記憶が鮮明なうちにとりかからないとダメですネ。。。反省(><o)
目的地だけでなく、途中の過程も私の旅の一部なので、
鉄道や船、バス等、行程を楽しんでしまいます!^^
チケットが買えなかったり、不通や欠航等、いろいろな苦労がかえって楽しいです。
散々なメにあったりすると、時が経ってから、より鮮明な思い出になります。
自虐的な旅が好きなのかもしれませんネ。^^
  • posted by primavera 
  • URL 
  • 2009.06/15 11:05分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>☆ひこ☆さん、
この国は日本から直行便がないので、なかなか簡単には行かれず、
私も次回のチャンスはもうないかもしれません。
まだまだ未踏の地もたくさんあるので、そちらも訪問したいし、
老後に備えて遊んでばかりもいられないし、、、。
時間もお金も足りません~~。 ^^;
私も先日、真っ白に変色したレシート見つけました。
思い出が色褪せて寂しかったです。
まだ少し茶色く残像が残っていたりすると、妙に心が揺れます。
まだ行きたくなってしまうので、さっぱりと消えていた方が諦めがつくかもしれませんね。
  • posted by primavera 
  • URL 
  • 2009.06/15 11:13分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>H・Tさん、お久しぶりです。お返事遅れてすみません。
資料がもしかすると、あの引越しのドサクサで捨ててしまったのかもしれません。
SDカードが出てきただけでも、ラッキーでした。
しかし、、、もう10ヶ月も過ぎているので、さすがに記憶は退化しつつあります。
早くチェコまで続編をUPしたいです~!
この田園風景も素朴でホント、良かったですよ~。^^
さらにボヘミアの平原も忘れがたかったです。
この旅では天気に恵まれて、一昨年前のイングランド・コッツウォルズとは対照的でした。やはり晴天だと行動範囲も広がるし、何より気持が良いですよね。
この朝食プレート、かなり大きいですよ!
デミタスじゃないので、、、そうするとパンがどれだけ大きいことか!(@@))
しっとりしていて味わいのある美味しいパンでした。
このゲストハウスのオーナーさんは、毎日お部屋をすみずみまで磨きにいらして、
とってもお部屋に愛着を持っているんだなぁと感じました。
エッフェル氏は、ヨーロッパ各地にいろいろ建造物を残しているそうです。
工事中の事故で犠牲者を出した経験もあり、
このパリのエッフェル塔建設時には一人の犠牲者も出さぬようその教訓を活かしたそうです。誰にでも失敗はあるものですね。。。
  • posted by primavera 
  • URL 
  • 2009.06/15 11:50分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>Olive YOさん、こんにちは。
先日BSでハンガリーの特集を放映していました。
数学者で大道芸人、ハンガリー生まれのピーター・フランクルさんが、
自らの軌跡とハンガリーの歴史変遷を重ね合わせて紹介していました。
大国に支配され続けてきたハンガリーが、生まれ変わりの試行錯誤をしながら
歩んでいる様子が、とても興味深かったです。
是非、今年訪問できると良いですね。♪
エッフェル氏の建築は、無機質になりがなちな近代的な要素を、
無駄な装飾なしに美しくまとめ上げているなぁと思います。
  • posted by primavera 
  • URL 
  • 2009.06/15 11:51分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>のりあんさん、ご無沙汰しております。お返事くれて申し訳ありません。
ハンガリーの郊外は、すぐにこのような田園風景になり、
土地が広いくて雄大だなぁと思いました。
飛行機嫌いなんですね。
私の知人も飛行機が嫌いで、まだ一度も乗った事がないそうです。
でも事故率は自動車とは比べ物にならない程低いそうですよ。
  • posted by primavera 
  • URL 
  • 2009.06/15 12:05分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

こんにちは 8月に義両親が遊びに来るんですが ブダペストに行く予定なんですよ
プラハには行ったことがあるんですが ブダペストは初めて 今からワクワク★
色々情報をもらっちゃってます^^♪
  • posted by ナルッチェ 
  • URL 
  • 2009.06/15 18:37分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>ナルッチェさん、こんばんは・・・あ、ドイツは今昼間かしら?
8月のブダペスト、いいですねぇ~?又、行きたくなります!
中旬の週末がお祭りでしたから、今年もあると思いますよ。
美しいドナウの真珠をご覧になったら、義両親様もきっとお喜びになるでしょう。
是非、ナイトクルーズで夜景をお楽しみくださいね。
私は、先程、ナルッチェさんのチェコ記事を読ませていただき、
懐かしく思い出していたところでした。
この中欧旅行記も早くチェコまで、たどり着きたいです。
  • posted by primavera 
  • URL 
  • 2009.06/15 22:36分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

primaveraさん、おはようございます~~ヽ(^o^)丿
こちらのブログにおじゃますると、旅への憧れが募ります。^^
ヨーロッパの朝を、こんな朝食で迎えたいわぁ~?
この沢山のお写真を拝見してるだけでも、ジワーっと行きたい願望が・・・(*^_^*)
primaさんとお嬢さまがお2人で、冒険旅行?^^ なさったのを読み、私も卒業前の娘とそんな風に旅行できたらいいな・・・と考えておりました。
この秋にイタリアを中心に(初心者の王道かしら^^、パリだけくっつけるかも)、行こうと
計画中です。   恥ずかしながら、しっかりツアーにのっかりそうです。
秋になってからのインフルエンザの蔓延もすごく心配ですわ。 
何かイレギュラーがあった場合、旅慣れぬ娘連れなので、
ツアーの方が安心かな?と考えて。 
一昨年のオーストリア旅行も、主人の学会出席も兼ねていたので、
ほとんどツアーでした。  (世界中から一斉に学会に集まってくるため、
宿も飛行機もツアーでないと全く取れない状況でしたので。)
でも、自分たちで電車や船を手配した自力の部分がすご~~く楽しかったのです。
プラットホームがない駅なんかそっくりでしたわ♪ 「ここで大丈夫かな~?」となんていうのがまた楽しいですね。  私も昔から、自分で計画するのが大好きです。
ツアーのバスで長距離移動するより、電車で移動したいわ~~?
中欧にも、いつかまた行きたいです。 
それまで、primaさんの魅力あふれるブログで、存分に楽しませていただきますね。
そして、個人旅行の醍醐味も、自分に置き換えて味あわせていただきま~す(^^ゞ 
  • posted by ふじくに 
  • URL 
  • 2009.06/17 09:14分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>ふじくにさん、こんにちは。
こちらのゲストハウスの朝食は、ボリューム満点、特に野菜や果物がたくさん頂けて、
本当にありがたかったです。
豪華なホテルの朝食ではありませんが、自分のお部屋で寛ぎながら味わえました。
何より、1市民になったような感覚で滞在できるのが、面白かったです。
学会等があるとホテルの予約が取れにくいばかりでなく、お値段も目が飛び出る程
高くなってしまうので大変ですよね。
ご主人はお仕事で忙しかったかもしれませんが、
ふじくにさんは、「プチ遠足」?を自分で計画したくさん楽しめて良かったですね。
自分の足で歩くと、行った所忘れないですよ?
今年はお嬢様と記念旅行ですね。
イタリアいいですね!国中が歴史、文化遺産の宝庫ですもの。
食べ物も美味しいし、美術も音楽も楽しめますね。
インフルエンザ気になりますが、どうか気をつけて、素敵な思い出を作ってきてくださいね。
我家の娘は社会人となり、当分長期休暇は取れないと思いますし、
例え取れても母親に付き合う時間はもうないだろうな、、、と思うと少し寂しいです。

  • posted by primavera 
  • URL 
  • 2009.06/18 11:33分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

素敵ですね~♪青空にふわふわと浮かぶ雲たちが良いです*^^*
昔と変わらない広大な風景って感じがしますよねヾ(@⌒▽⌒@)ノ 
  • posted by Mami☆ 
  • URL 
  • 2009.06/19 12:18分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

今晩は お忙しそうですね
久しぶりにお邪魔致しました^^
まさしく 旅行でわなく旅ですね
私には出来ないな 言葉に自信がないですし
羨ましいです~”.:♪*:・'゚♭.:*・♪'゚。.*#:・'゚.:*♪:
イギリスのお写真も 拝見させていただきました
綺麗で素敵でしたよ^^懐かしくも思いました
また お邪魔させていただきますね(´ー`*)ノ
  • posted by アリッサム 
  • URL 
  • 2009.06/24 00:18分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>Mami☆さん、お返事が遅くなってスミマセン。
夏の景色って、空が青くて高くて気持が良いですよね!
人口に比べて広大な土地がうらやましいです。
早くボヘミアの大地へブログを到着させたいのですが、、、
あまりに忙しくて更新できない毎日です。
  • posted by primavera 
  • URL 
  • 2009.07/01 01:03分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>アリッサムさん、
随分とブログを放置してしまい、お返事が遅くなりました事お詫びいたします。
今年の旅はまだ行き先を決めていないのですが、
身の回りがあまりに忙しくてなかなかゆっくり考える事もできません。
イギリスのコッツウォルズ、私も懐かしいです。
もう2年も経ってしまうんですね~。。。時間が経つのは本当に早いものです。
少し落ち着いたら、次の旅を綴っていきたいです。
  • posted by primavera 
  • URL 
  • 2009.07/01 01:08分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

primavera piccolo

Author:primavera piccolo
KATSUJI FOREST GALLERY のサイトからいらっしゃったお客様は、左下のカテゴリ・PIANO からご覧ください。

2009年9月15日以前の記事やコメントは、旧サイトから移転させたものです。

Under construction

Translate

Visitors since 2010

free counters

FC2カウンター

最新記事

4travel primavera

QRコード

QRコード

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。