Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リフォーム5 * ピアノ解体

今年の春、リフォーム2の日記で、
思い出のピアノについて書きましたが、、、

数ヶ月後、あのワインレッドのピアノが、
素敵に生まれ変わって我家に帰ってきました。




image9984272.jpg
娘が10歳の頃の懐かしいピアノ



スペースに限りあるマンションでは2台のピアノを置けず、
本当にどうしようかと迷っていたんです。
他人の手に渡ってしまうのも廃品として処分されてしまうのも寂しくて、
何か良い方法がないかと模索する毎日でした。


私のピアノはめずらしいワインレッドの鏡面塗装だったので、
ピアノ専門の塗装会社にも問い合わせをしてみましたが、
私が考えているようなアイデアを実現していただけそうな方には、
なかなかめぐりあえませんでした。


ある日、ネットで検索していたら、
古いピアノを修理して再生するという記事をみつけました。

ピアノリメイク工房 BBピアノ

その業者さんにメールで問い合わせてみると、
私のアイデアのような仕事は未経験であるものの、
とても丁寧な見積もりやアドバイスのお返事をいただきました。

ただ、我家からは遠く離れているので、
往復の陸送代がかなりかかってしまうのだそうです。

嬉しかったのは、、、
こんな記事を見つけました
位置的にも近そうなので打ち合わせも便利だし、
運送代も抑える事ができるかもしれません。参考にされてみては?」と
ある工房さんの記事を紹介してくださった事です。

ご自分のところに何の利益も無いのに、
とても親切に対応していただき感謝感激でした。









さっそく教えていただいた工房さんに問い合わせてみると、
電話に出られたのは誠実そうなお声の柴原勝治さん。


KATSUJI FOREST GALLERY

TEL&FAX:044(877)9025
後記:電話番号が変更になったそうです。
 新番号 044-877-9700

 



     
見積もりに来ていただいて私の希望を伝え、綿密な打ち合わせに入りました。
柴原さんは、紹介記事にあったピアノから家具へのリフォームを一度だけ手がけた事があるものの、その時は専門の運送会社がピアノ解体をおこなったそうです。

私の少ない予算の中でもう一つ業者を入れるのは、ちょっと無理そうです。
すると柴原さん、「今までやった事ありませんが、私が自分で解体してみましょう。」と、おっしゃってくださいました。

以前手がけた際に、どのように解体されたかパーツをご覧になっているので、
おおよその手順見当がつくと、心強いお言葉!

私もお任せしてみようという気持になりました。




3月中旬、いよいよ45歳の老ピアノ解体の日がきました。


Untitled2.jpg
ピアノ周りを整理してお別れの準備


Untitled3.jpg
木屑がでるので毛布を敷きます

かなり重いので、私も一緒にお手伝いしました。



Untitled4.jpg
長い間ありがとう



DSC00017.jpg
この色合いが大好きだったよ


DSC00019.jpg
いよいよ解体開始


ハンマーのフェルト部分がだいぶ硬くなっていました。


DSC00018.jpg
製造番号かしら



Untitled5.jpg
内部はこんな構造です



DSCI0006.jpg
鍵盤をはずしたところ


DSCI0007.jpg
大型のハープみたい



♥*:;;;;;:*♥*:;;;;;:*♥*:;;;;;:*♥*:;;;;;:*♥*:;;;;;:*♥



フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』を調べてみると・・・

ピアノは弦をハンマーで叩くことで発音する鍵盤楽器の一種である。
また、内部機構の面からは打楽器と弦楽器の特徴も併せ持った打弦楽器に
分類される。据え付けて用いる大型の楽器で、横に並んだ鍵を指で押すと、
鍵に連動したハンマーが対応する弦を叩き、音が出る。音域が非常に広く、
現代の標準的な楽器では88鍵を備える。

名前の由来はイタリア語で「弱い音と強い音の出るチェンバロ」という意味
「クラヴィチェンバロ・コル・ピアノ・エ・フォルテ」(もしくはそれに類する表現)であり、
徐々に省略され「ピアノ」と一般に呼ばれるようになった。


♥*:;;;;;:*♥*:;;;;;:*♥*:;;;;;:*♥*:;;;;;:*♥*:;;;;;:*♥



ピアノの前身がチェンバロ(英語でハープシコード)ですが、そのハープをハンマーで叩いて、もっと大きな音を出せるようになったのがピアノ。

それなのに名前は「弱い」という意味(イタリア語)の「ピアノ」に省略されてしまったなんて、言葉は面白いですね。


DSC00025.jpg
贅沢品に課せられていた物品税


1989年(平成元年)4月1日消費税導入で廃止になりました。


DSC00021.jpg
倒すのすごく大変でした


DSC00026.jpg
ピアノ線を切って本体と楽器部分を分断


ここまで辿りつくのに約半日を要しましたが、
ピアノ線ってかなり硬いそうで、なかなかお仕事が前に進めません。



DSCI0001.jpg
やっとはずしたハンマー部分を運び出します




分解したパーツを外に運ぶのは結構な重労働でした。

柴原さんがパーツをカートに載せて何度も部屋と車を往復し、

この日の作業が終わった頃には、すっかり辺りが暗くなっていました。

次回は変身を遂げたピアノ編です。






Comment

 

初めてこちらにおじゃまします~~♪lillyです^^
とうとうお別れの日が来た・・・と思ったら?解体して生まれ変わるのですね~それはとてもよい道を選ばれましたね!思い出の素敵なピアノですもの♡そのまま跡形もなくなるのはあまりにも寂しすぎますよね。。
解体はご自宅でされたのですね♪
どんな風に生まれ変わったのか続きが楽しみです~♪
  • posted by lilly 
  • URL 
  • 2009.10/08 16:56分 
  • [Edit]
  • [Res]

イヨッ!待ってました。 

primaveraさん、楽しみにしていました。クルル閉鎖でもう拝見できないのかと思っていましたので、とってもうれしいです。
お気に入りの、ワインレッドのピアノ、ご自宅で解体だったのですね。
素敵な工房人さんに会えたこと、これでほぼ90%成功したようなものです・・・人との巡りあいの妙、primaveraさんのお人柄を察して、むべなるかなと思っています。

続き、鶴首でお待ちしています~~

あぁ ピアノ! 

primavesaさん!ピアノも無事愛される場所に戻ってこられたのですね!
それに携わることになった優しい出会いもあって
本当に愛されているピアノなのですね。
色もキレイ・・・音色はさらに美しいのでしょう。
ステキなお話を読ませて頂きました。ありがとうございます。
  • posted by モード 
  • URL 
  • 2009.10/08 21:32分 
  • [Edit]
  • [Res]

lillyさんへ 

まぁ~!lillyさん!
まるで初対面のようなご挨拶じゃありませんか?
(あ、会った事は無かったわね。。。スミマセン)
CURURUの初期からず~っと来ていただいて、本当にどうもありがとうございます。

このピアノ、本当はちゃんと楽器として傍に置きたかったのですが、
さすがに騒音を出せなくなったマンション住まいの身故、泣く泣くお別れとなりましt。

手放すとしたら、ご老体ですので二束三文でサヨナラだと宣告されてしまったのです。それならばせめて違う形で傍に置きたいなぁと考えました。

自宅で解体・・・可哀想だったけど、最後まで見守りました。
今は生まれ変わって私の傍におりますのよン。
次回までお楽しみに~♪
  • posted by primaveraⅡ 
  • URL 
  • 2009.10/09 22:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

miecolorさんへ 

こんばんは。
この前の日記から半年も過ぎてしまっているのに、
よく覚えてくださってましたね。ありがとうございます。

ハイ。自宅で最後を見届けました。
これは、ある意味、破滅型の恋でしょうか。。。
どうせお別れになるなら、
「楽器としての命が終わってしまっても、傍に置いておきたい。」
。。。あらら、今気がついたのですが、
「春のワルツ」のイナみたいだわ・・・私。

今回のリフォームで素敵な工房人さんに巡りあえて、
世界に2つとない作品を作っていただいた事、とても嬉しかったです。

工房人さんをご紹介くださった方にも、とても感謝しているのですが、
ピアノ職人さんでいらっしゃるので、やはり楽器の解体は
見るに忍びなかったカモしれませぬ。。。^^;
  • posted by primaveraⅡ 
  • URL 
  • 2009.10/09 22:56分 
  • [Edit]
  • [Res]

モードさんへ 

あぁ ピアノ!そう かつてはピアノだったのよ。
私の両親が買ってくれたピアノでしたが、
今は形を変えて「とても静かに」傍にあります。

ポロン♪ポロン♪ の音は、かつての自宅演奏会ビデオに納めてあるので、今度、両親と一緒に観てみようかなと思います。
チェハママにはとてもなれなかったけれど、
娘と一緒にブラームスのワルツ1番を連弾したのが、
つい昨日の事のようです。
  • posted by primaveraⅡ 
  • URL 
  • 2009.10/09 23:05分 
  • [Edit]
  • [Res]

こんばんは 

こちらには初めてコメントします。
すごいわ~・・・今までお引越し作業を着々となさっていたんですね。私なんか、まだまだな~んにもできていません><;
11月はすぐそこまで来てるのに・・・。

ピアノのほうも、進展があってたんですね!
で・・・もう、作品が出来上がっているんだ~。@@
私が想像してるのと、果たして同じかな?
いやいや・・・Pさんのことだから、きっと素晴らしい思い出のものを考えられたでしょうね。
afterピアノの初公開、心待ちにしていますね。^^
  • posted by H・T 
  • URL 
  • 2009.10/10 02:19分 
  • [Edit]
  • [Res]

おじゃましてます~ 

こんにちは。新しいサイトに初めてお邪魔しました。
着々とお引越し作業されているんですね~。私なんかまだサイト探しさえしていないんですよ。何事もぎりぎりにならないとやらない性格で。。。でもそう簡単なことでもないなと思うと、急に焦りだしました。こちらのサイトもかわいらしくていいですね。追っかけてきても許してくださいね。
primaveraさんのブログは楽しいので、またニアミスを期待して、時々お邪魔しますね♪
  • posted by Olive YO 
  • URL 
  • 2009.10/11 17:03分 
  • [Edit]
  • [Res]

H・Tさんへ 

こんにちは。
新居に遊びに来てくださってありがとうございます。

一度に2つの事ができない私にとって、家のプチ引越し、改装、
ピアノリフォームと、てんやわんやのところに、CURURU閉鎖のお知らせは痛かったです。

新しいブログに記事とコメントを転送するのは、比較的簡単にできました。時間もかからなかったです。
問題は・・・写真です。
CURURUの写真をバックアップにとっても、そこから直接貼りなおしが出来ないんです。
結局地道に一枚づつ手作業になるんですもの。
とても時間が足りません。
私の記事は写真が多いので、11月までに間に合わないんじゃないかなぁ。。。。悲しいです。
ブログ本体のバックアップは容量が大きいので外付けのディスクに保存してありますが、ファイル開ける際も重くて重くて・・・。

H・Tさんはどこにお引越しされますか?
やっぱりLPと一緒にトヨン君のところになるのかしら?
決ったら教えてくださね。

ピアノがどんな形で蘇るか、H・Tさんの想像とおりかもしれませんね。
全部で3つの作品になりました。
まだパーツが残っているので、次回に何ができるか試案中で~す。
  • posted by primaveraⅡ 
  • URL 
  • 2009.10/13 12:10分 
  • [Edit]
  • [Res]

Olive YOさんへ 

いつもニアミスが楽しみなOlive YOさん、おひさしぶりです。

引越し作業は写真の貼り替えが大変ですよ~。
私のは2000枚位ありそうなので、クラクラ(@@)))してます。

ここのサイトは初記事のUPはCURURUと同じように、
比較的簡単にできますが、写真のサイズ処理が面倒ですね。
CURURUだとアップロードの際にサイズや加工が一度にできたのに対し、ここでは予め自分で処理してからになります。
つくづくCURURUは楽で良かったな~・・・と、実感してます。

ここでの過去記事の修正は、ちょっと面倒です。
私の場合はバックアップした記事に後から写真を埋め込む作業なのですが、HTMLを使うんです。
コマンドを思い出しながらとか、WEB上のマニュアルを見ながら、ヒイヒイ言ってやってます。 ^^;

でもOlive YOさんが追っかけてきてくださると嬉しいなぁ。
心強いですもの。是非、又ニアミスを期待しております。
  • posted by primaveraⅡ 
  • URL 
  • 2009.10/13 12:30分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

primaveraさん、おはようございます^^
才才-!!w(゚o゚*)wピアノの解体ってこうやってやるんですね~すごい(*^_^*)
本格的なピアノって学校の音楽室でしか見た事ありませ~ん(〃^∇^)o_彡☆あははははっ
(ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイどうゆう田舎やねん((●≧艸≦)プププッ )
ですからピアノの内部って初めてかも?^^;
ピアノの色も良いですね~俺、黒か茶?しか知りませんでしたからね~(^_^;)
((( -ノェ-)コッソリピアノブラックって色好きですけど^^)
  • posted by 熊本の風 
  • URL 
  • 2009.10/16 10:12分 
  • [Edit]
  • [Res]

熊本の風さんへ 

熊本の風さん、こんにちは。

引越し先にお越しくださって、ありがとうございます。
私もピアノの構造をこんなに身近に見たのは初めてでした。
はずれてゆくパーツ一つ一つに、心の中でお別れを言ったんですよ~。

普段家具を作るお仕事をされていらっしゃる方が、ピアノの解体を行ってくださいました。
解体作業は初めてだそうですが、部品を痛めないよう細心の注意を払って上手にはずしていました。

ブラックのピアノは、とても威厳と存在感がありますよね。
我家の色はちょっと変わっているので、
逆に家具に変身し易いかなと思いました。
  • posted by primaveraⅡ 
  • URL 
  • 2009.10/20 13:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

こんにちは!お久しぶりです。以前のブログに何回かコメントを試みたのですが、出来なかったんですね。今日が始めてのコメントです。ピアノの解体初めて見ました。私は子供のころにピアノを持っていたのでこの解体は興味しんしん、リフォーム出来るなんて知りませんでした。新しくなったのを見るのが楽しみです。
  • posted by lontom 
  • URL 
  • 2009.10/21 05:18分 
  • [Edit]
  • [Res]

lontonさんへ 

わぁ~~!お久しぶりです!

CURURUに来てくださっていたんですね?
あちらではコメント欄をメンバー限定に設定していたので、
ご迷惑をおかけしてしまいました。
そして、移転先にもお越しくださって嬉しいです。
本当にありがとうございます。

ピアノのリフォームは、ふと思いついた事なのです。
でも実際にやってくださる方とめぐり合えるまで、
かなりの時間(約2年)を要しました。

こちらの工房さんも、以前1回ピアノから家具を作っただけで、
解体は初めてだったのでドキドキでした。
でも何度もうち合わせをしてゆくうちに、この工房さんなら信頼できる方だと確信できたんです。
もう全てお任せしようと決めたら、どんどん話が進んでいきました。

lontonさんもピアノ持っていらっしゃったんですね。
本当は手元に置いて、ポロンポロンと音が出せたら幸せなんですけどね。。。日本の住宅事情だと、なかなか難しいです。
  • posted by primaveraⅡ 
  • URL 
  • 2009.10/22 17:34分 
  • [Edit]
  • [Res]

あれ?おかしいぞw 

私何度こちらへきても、コメントする欄が見当たらなくて今日やっと見つけました。っていうか自分で見つけられなかっただけみたいです^^;
素敵なお嬢さんのピアノですが、primaveraさんもピアノ弾かれるのですか?ピアノの演奏ってとてもいいですよね~。私もいつか余裕ができたらピアノ習ってみたいです♪
  • posted by まみぞう 
  • URL 
  • 2009.10/28 23:00分 
  • [Edit]
  • [Res]

まみぞうさんへ 

お返事が遅くなってしまってすみませんでした。

何もかも新しいサイトで、お互いに戸惑う事多いですよね。
私もまだ試行錯誤していて、何がするにもすごく時間がかかります。
コメント欄ひとつでも、戸惑いますよね。
fc2だと、URLに自分のサイトを入力すると、コメント欄の投稿者の名前がリンクになります。
CURURUだとメンバーは自動的にリンクされたのに、
ちょっと面倒です。

このご老体のピアノは、元々私のピアノだったんです。
親子二代でお世話になりましたが、現在の住環境では弾く事ができないので諦めました。
代わりに音が出ないクラビノーバで練習しています。♪
これからはボケ防止の為にもっと弾こうかな・・・と、思います。
楽器の演奏、楽しいですよ!
  • posted by primaveraⅡ 
  • URL 
  • 2009.11/02 23:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

primavera piccolo

Author:primavera piccolo
KATSUJI FOREST GALLERY のサイトからいらっしゃったお客様は、左下のカテゴリ・PIANO からご覧ください。

2009年9月15日以前の記事やコメントは、旧サイトから移転させたものです。

Under construction

Translate

Visitors since 2010

free counters

FC2カウンター

最新記事

4travel primavera

QRコード

QRコード

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。