Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リフォーム6 * ピアノ改造

ピアノ解体の続編   (前編はこちら★)

我家で長年愛用していた赤いピアノが、バラバラに解体され柴原さんの工房に運びこまれました。
私が見積もりをお願いした時に描いた完成予想図を元に、柴原さんがリフォームの設計を練ります。

素人が考えた案なので、プロの方が見たら苦笑いしてしまいそうな図です。

ピアノ再利用ブログ用
         私の描いた完成予想図






それでも柴原さんは、私のピアノに対する深い想いを尊重してくださり、
ひとつひとつのパーツを最大限に惹きだせるように努力と対話を重ねてくださいました。


何をどこにどう使うか、、、きっと、もの凄く大変な宿題になってしまったと思います。
1ヶ月程して柴原さんから連絡が入りました。

工房に足を運んでみると、それぞれのパーツがきれいに揃えて並んでおり、
これをここの部分、あっちのをこの部分に、、、と、丁寧に説明してくださいました。


柴原さんによる撮影と解説

050700011.jpg
          ピアノの左右側面の鏡面
       
    《 訂正 》 これは側面ではなくて 天蓋の部分 でした。

     幅の足りないこの二枚を栗の木材でつないで、TVボードの一番上の天板にします。


050700022.jpg
          
050700033.jpg
           鍵盤の左右部分

     角が丸くなっているので、一番下部分に使います。
          
050700044.jpg
           斜めの部品はきれな直線にカット

 
050700055.jpg
上3枚の写真のパーツを組み合わせて下板を作ります。


051200016.jpg
足りない部分に他の木材を補います。


051200027.jpg
           足りない部分は栗の木を使って特殊なオイルで仕上げると、
        私のピアノととても愛称の良い味わいのある色合いになるんですって。
            
             どんな風になるのか、、、ドキドキします。


051300018.jpg
鏡面が前にくるようパーツをあてがっていきます。


051300029.jpg
これらのパーツはどう活かされるのでしょう・・・

0514000110.jpg
           何度か足を運ぶうちに段々と形が見えてきました。
             
                  わかりますか?

     

             左右側面手前の素材はピアノの蓋なんですよ~!
              曲線を見事にリサイクルしてくださいました。

 
0514000211.jpg
           想い出が見えるように、、、と、[YAMAHA] のロゴを残してあります。

鏡面塗装が手前に来るようにするとどうしてもロゴが逆さまになってしまうのですが、
                 物を入れたら隠れてしまう板なので、
            カットした断面が前にくるよりは見た目重視優先しました。
             
DSC00017YAMAHA.jpg
この部分のロゴです。






           
0528000112.jpg
数ヶ月後、我家に納入されたTVボード

0528000213.jpg
重厚な仕上がりになりました。

オイル塗装された栗材が鏡面仕上げのピアノ材と調和して、
つぎはぎのリサイクルイメージとはまるで違う落ち着いた味わいを醸し出しています。


BEFORE 
 
image9984272.jpg


AFTER

SN3J0010.jpg



SN3J0017.jpg




残った部品でこんな物も作っていただきました。



マガジンラック

piano18.jpg

大まかなデザインの希望をお知らせし、
ここにもYAMAHAのロゴを残してもらえました。


5YAMAHA.jpg
YAMAHAZOOM.jpg



ドアストッパー
SN3J0019.jpg
想い出の鍵盤とペダル

ペダル部分をドアに挟んで使うドアストッパー

どうしても鍵盤イチオクターブ分を残したかったんです。

オーナメントして飾っても素敵!






製作者 柴原さんからいただいたコメント

普段と違って、まずお客様のピアノへの思いが出発点になる仕事なので、
そこに重きを置いて家具を作り上げる喜びがあります。
限られた部材での制作ですが、
お客様の思いの強さで発想が広がる事も多々あり、
作る喜びを感じられる仕事です。


KATSUJI FOREST GALLERY
TEL&FAX:044(877)9025

後記 電話番号が変更になりました。
 044-877-9700


柴原さん、いろいろわがままをきいていただき、本当にありがとうござました。



そして・・・柴原さんの工房を教えてくださった
ピアノリメイク工房 BBピアノさん

あの時のアドバイスがなければ、そのまま計画倒れになっていたと思います。
NETの上ではありますがご縁があって善意に助けられ、
完成した私のピアノの第二の姿を大切に守っていきたいと思います。

心からお礼申し上げます。ありがとうございました。






PS. 携帯カメラからの映像なのでピンボケお許しください。
    新しいデジカメを使いこなしたら写真を差し替える予定です。


Comment

素晴らしいです 

こんにちは。
ついにお披露目ですね!
そうですかぁ~・・・これが生まれ変わったピアノなのですね。
とても素敵ですよ~。
職人の心意気とprimaveraさんの熱い思いが一つになった瞬間ですね^^
こうかぁ・・・こういう第2の人生があるんですね。ピアノもprimaveraさんのような所有者を持って幸せですね。
う~~ん・・・私の予想は全くのハズレでしたが。テヘッ(←かなり死語なリアクションワード^^;)
さすがセンスがありますわ。鍵盤のドアストッパーやマガジンラックもかわいい。なんでも大事にせんといかんですね~。
私も見習わなきゃ!
  • posted by ソワレ 
  • URL 
  • 2010.04/04 17:33分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: ソワレさんへ 

いやぁ~・・・ソワレさんっ! なんと、前編から5ヶ月ちかく経ってしまいました。
・・・というより予告した春から又春になって1年経った訳でして、
本当に私の日記は鈍行なんですよね。
『中欧旅行』なんて帰国できてませんよ。ひどい状態です。v-12

> 職人の心意気とprimaveraさんの熱い思いが一つになった瞬間ですね^^

良いご縁があって、このような作品に生まれ変われました。
自分の設計図でそのままいけるのか? と、不安が募りましたけれど、
出来上がりはその何倍も素晴らしい作品になって、
世界に1つしかない私のTVボードにニマニマしていま~す。

あ、・・・予想ハズレでしたか?
何を想像していらっしゃったのかな?知りたいですなぁ。テヘッ

鍵盤のドアストッパーやマガジンラックの副産物、グリコのオマケみたいでしょう?
まだパーツが少々残っているので、今度は何に変身するか思案中です。
  • posted by primaveraⅡ 
  • URL 
  • 2010.04/04 23:55分 
  • [Edit]
  • [Res]

私の予想^^; 

こんばんは。
えっと・・・私のはかなり安易な予想でしたので><
ピアノのミニチュア版・・・いわばおもちゃのピアノみたいな~。
最初は、本当に幼児のおもちゃのピアノ(辻井伸行さんも弾いていたという・・・^^;我が家にもありますが)くらいの大きさを予想したんですが、次はオルガンより少し小ぶり位をイメージ。
でもこれって、作り直すの大変かなあ?って・・・。
ま、結局全然ハズレちゃいましたけどね^^;
こんなもんです、トーシローの予想なんて^m^

「グリコのおまけ」・・・この表現、おもしろいです!まだいろいろ作れそうですね^^
  • posted by ソワレ 
  • URL 
  • 2010.04/07 01:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

素敵です♪ 

とても素敵になりました~~^^
初め、ピアノを手放されると聞いた時には、本当に悲しかったですが、こんなに素敵な姿になってお部屋に戻ってきて~良かったです~♪

思い入れの強さが職人の方に伝わりましたね!

これでずっと一緒です♡
ロゴもちゃんと生かして下さり・・有り難いですね
鍵盤とペダルがこう変身するとも驚きでした~~
大切な宝物ですね^^
  • posted by lilly 
  • URL 
  • 2010.04/08 09:02分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: ソワレさんへ 

ソワレさんの予想されたミニチュア版ピアノって、私見た事ありますよ~。

以前、このリフォームの発想した時に、かなりあちこちのサイトを探していたんです。
ミニチュアピアノもリフォームでなく、新品なら結構あるみたいですね。
最近になって見つけたサイトで、同じように古くなったピアノを作り替え、
可愛らしい作品になっていました。

ミニチュア以外に作り替えるというのは、あまりいないみたいなんですが、
BBピアノさんが見つけてくれたサイトに紹介されていた時は、
コレだ!と思いました。
「老体ピアノをリフォームして又弾こう!」・・・じゃなくて、
別物にしようなんてねじれた愛情を注ぐヒトが私以外にもいるんですね。


> 「グリコのおまけ」・・・この表現、おもしろいです!まだいろいろ作れそうですね^^

あははっ! 
でもあまりにもパーツが残り物だらけなので、なかなか案が浮かばないんです。


  • posted by primaveraⅡ 
  • URL 
  • 2010.04/08 10:29分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: lillyさんへ 

> とても素敵になりました~~^^

lillyさん、ありがとうございます!
自分が思い描いた以上のできばえだったので、
とっても嬉しかったです。
さすがにピアノの鏡面仕上げは、深い味わいがあります。
手放さないで良かったと想います。

ロゴや鍵盤、ペダルは、なんとしても活用したかったんです。
さすがに製造番号のついている部分は、切り離す事できませんでしたが・・・

素晴らしい技術を持った工房さんにめぐり会えて、
本当にラッキーだったと思います。
  • posted by primaveraⅡ 
  • URL 
  • 2010.04/08 23:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

primavera piccolo

Author:primavera piccolo
KATSUJI FOREST GALLERY のサイトからいらっしゃったお客様は、左下のカテゴリ・PIANO からご覧ください。

2009年9月15日以前の記事やコメントは、旧サイトから移転させたものです。

Under construction

Translate

Visitors since 2010

free counters

FC2カウンター

最新記事

4travel primavera

QRコード

QRコード

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。