FC2ブログ

Entries

中欧旅行記*19 Český Krumlov 1

いよいよこの旅行で最も行きたかった、あのチェスキー・クルムロフへ向かう日。

約束の12時30分よりも早めにウィーン西駅に着いて、乗車場所を再確認。
所要時間約3時間程かかるので、水と軽食を買って準備万端です。

下の写真は、リコンファームのメールに添付されてきた待ち合わせ場所。
駅の建物を出て左側、一方通行の進入側です。
(注:2008年夏の情報ですので、現地の状況により変わる可能性有り)




image002.jpg



乗客は私達の他にアメリカ人の若い女性がもう一人。
彼女の目的地は、チェスキー・クルムロフの手前にある小さな町の友人宅だそうです。
途中下車も有りなのね~。

IMG_1394.jpg


可愛らしいバンに乗り込んで、ウィーン西駅を出発します。

IMG_1396.jpg

あら?これは何?
走り始めてまもなく、進行方向右手に面白い建物が見えてきましたよ。

IMG_1397.jpg


アラジンと魔法のランプ?


IMG_1399.jpg

お風呂屋さんの煙突? (・・・な訳、ないない!)
派手な造りだけど、なんとなく見たことあるような?

これはもしかして、あれかな?

この時に見た建築と同じ印象?



帰宅して検索してみたら、
思った通り Friedensreich Hundertwasser (フンデルト・ヴァッサーさん)の建築で、
シュピッテラウ焼却場でした。

日本にも彼の建築による大阪市環境局舞洲工場というのがあるそうです。






IMG_1404.jpg

ドライバーさん、ラジオで音楽を流しながら、
軽快に飛ばします! 飛ばします!


道中、オーストリアとチェコの国境を通過しましたが、
パスポートを提示する等の検問も無く、、、あっけなく隣国に入ってしまいました。

IMG_1405.jpg


車窓からの様子を、ちょっと見てみますか?
私もとうとう動画をUPできるようになったんです。
一緒にボヘミアを走ってみましょう!

(以前のサイトでは動画UPできなかったのですが、FC2では便利な機能があったので活用してみました。)



[広告] VPS










IMG_1415.jpg




思いっきり! ボヘミア~!

QUEENのボヘミアン・ラプソディが聞こえてきそう

IMG_1417.jpg


この辺りは、日本の自動車企業がかなり進出しているようです。
この会社以外にもたくさんの営業所を見かけました。



IMG_1420.jpg


横断歩道の標識


IMG_1421.jpg


途中で大きな町を通り過ぎましたが、どこの町だったか覚えておりません。
いつものように自分で運転していたらよく記憶しているんですが、
人任せだとダメですね~。



IMG_1423.jpg

左に進むとLINZ 方面

IMG_1424.jpg

今度は右方向 C.KRUMLOV へ進むのね。


IMG_1425.jpg


う~ん・・・ここは、Ceske Budejovice の町だったと思うわ。。。(自信無いけど)


IMG_1426.jpg

気持ちの良い空が広がっています。
今度は、ドボルザークの新世界が聞こえてきたわ。


同乗していたアメリカ人の女性は、途中で何度も携帯電話で訪問先の友人と下車ポイントを確認し合い、
旧市街に入る直前の市街地で下車して行きました。
てっきりその友人が下車ポイントに立っているのかと思いきや、
誰もいない路地だったので私の方が不安になってしまいましたよ。



さて、Cesky Krumlov は、南ボヘミアにある世界遺産の都市。
クルムロフは「川の湾曲部の湿地帯」を意味し、
チェスキーは、チェコ語で「ボヘミアの」という意味だそうです。


そのS字型に湾曲したヴァルダバ川(モルダウ川)の橋を渡ると、
ミニバスはおとぎの国のような美しい街並みの広場に到着します。

このS字の川が、2002年の集中豪雨で氾濫し、
車等が押し流された映像を記憶している方も多いのでは?


1945年の第二次世界大戦以降、敗戦国ドイツの多くの住民を追放し、
さらに1948年の共産主義の元、城郭などの歴史的建造物が「封建時代の遺構」とみなされ、
価値を否定され、町は荒廃の一途をたどりました。

1989年のビロード革命以降は、町の景観の歴史的価値が再認識され、
1992年にはネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。


旧市街の中心にあるスヴォルノスティ広場に到着し、
ミニバスのドライバーにはチェコ・コルナで支払を済ませました。
広場にはいくつかの両替所があり、レートもそれ程違いはなかったです。



この日の広場は、びっくりする位大勢の観光客があふれており、
平日とは思えない程にぎわっていました。
大半の観光客は大型バスに乗って、半日観光したら次の観光地へ移動して行くのだと思いましたが、
念の為、この広場に有るインフォメーションで、翌日のプラハ迄のバスの予約を済ませました。
曜日や時間帯によって満席になってしまう事もあるので、気をつけなければいけません。



私達が宿泊したのは、NETで見つけたアパートメント。
キッチンが有り、窓からお城が見えるお部屋をリクエストしておきました。



Castle View Apartments in Cesky Krumlov

広場からこのアパートメントは徒歩20秒位だったかな。
とても大きな荷物が有るのに、エレベーターが無い! というのがたまにきず。

ですが・・・ちょっとシャイでイケメンのお兄さんが、
いっぺんに二つのスーツケースを両腕にぶら下げ、スタスタスタタ~っと、
階段を駆け上がっていったのは感動ものでした。

あのお兄さん、アルバイトなのかしら。
オーナー家族なら、まだ居るかもしれませんね。

チップを弾んで、最上階のお部屋に入ってみると、
そこはスペースをどう使ったら良いかわからない位広~いお部屋。


IMG_1433.jpg


こんなにたくさんのクッション、両脇に抱え混んだりしてみる私達・・・。
いったい何を確かめようというのか? 自分たちにもわからない。


IMG_1427.jpg


天蓋付のベッドですよ~

娘はすっかりお姫様気分。
無駄にゴロンゴロンしてみたりする。

IMG_1432.jpg


可愛い小窓からお城が見えるではありませんか!


水を冷蔵庫に入れたりキッチンを確認したりする間も、
早く町を探索したい衝動に駆られっぱなし。





画像 310


すでに16:30頃になっていましたけれど、
夏は日の入りが遅いのでまだまだ十分に観光できます。

Comment

こんばんは^^ 

フンデルトヴァッサーさんの懐かしい建築物♪
ガウディっぽいけど、これはもっとエキゾチックというか、アラビアンな雰囲気ですよね~。
日本にも街中に、フツーにこういうおもしろい建物があったら街歩きも楽しいのに・・・。
動画、運転手さんは何の曲を流していたのかなあ?よく聞き取れなかった><
「新世界」は小学校の下校時の曲でよく流れていました^^
「とおき~山に~日は落ちて~・・・♪」
なんて、今の子どもたちは知らないでしょうね。

すてきなお宿ですね。
こういうの、探し当てるの、上手いですよね~。
さすがだわ。
経験をつんだ成果でしょうか。
  • posted by ひろのしん 
  • URL 
  • 2011.05/25 21:14分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: ひろのしんさんへ 

ひろのしんさん、

こんにちは。

フンデルトヴァッサーさん建築物と、こうして遭遇してしまうなんて驚きでした。

> ガウディっぽいけど、これはもっとエキゾチックというか、アラビアンな雰囲気ですよね~。

そうそう、独特なので、すぐにピーン! と、きましたよ!
遊び心いっぱいの束縛されない自由さが、とても魅力的です。
それが焼却場なんですもの。ギャップが面白いです。

日本の街中は、あんまりおもしろ味ある建物に出会えませんよね。
目にウルサイ広告ばっかりですし、本当に残念。



動画の運転手さん、すごくパイペースな方でしたよ。
ラジオの曲を流していましたが、私にもよくわからなかったです。
最近の流行の曲だったのかなぁ、、、? 

「ボヘミアン・ラプソディー」と「新世界」は、勝手に私の頭の中で、
鳴り響いていたんですよ。

> 「とおき~山に~日は落ちて~・・・♪」

お? ↑ すごい! 歌詞まで覚えていらっしゃるの?

第2楽章「家路」ですね。歌詞はすっかり忘れてしまってます。

旅の宿探しって結構好きなんです。
失敗する事もあるけれど、大きなホテルに泊まるよりも味があって面白いです。
「旅している~」っていう実感が大きいのかも。

  • posted by primavera piccolo 
  • URL 
  • 2011.05/27 12:03分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

Primavera さん、こんばんは^^
( ̄ー ̄)ン~いつも思うんですけど、建物カラフルですよね~(^_^)
俺の住んでいる所ではまず見ないですね~(^_^;)
そして例の建物、「(-_-;)エ~ット何処かで見たことあるな~・・・何処だっけ?」って思ったら書いてありましたね~(^^)
そう、大阪の清掃センターの建物お金の問題でニュースになってマスコミの標的になった建物でした(^_^;)
奇抜?な建物だったので印象に残ってますね~( ̄▽ ̄;)

それと天気良いですね~(^^)
熊本はこの頃、雨ばかりで・・・それも明日台風の影響が(-_-;)
太陽の下で写真撮りたいですね~(^_^;)
  • posted by 熊本の風 
  • URL 
  • 2011.05/28 23:59分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 熊本の風さんへ 

風さん、こんばんは!

この方の建築は、本当にカラフルで見ていて楽しいです。
私の住んでいる所でも、ハイ、まず見ません。


> そして例の建物、「(-_-;)エ~ット何処かで見たことあるな~・・・何処だっけ?」って思ったら書いてありましたね~(^^)
> そう、大阪の清掃センターの建物お金の問題でニュースになってマスコミの標的になった建物でした(^_^;)
> 奇抜?な建物だったので印象に残ってますね~( ̄▽ ̄;)


えぇっ!? そうなんですか?
・・・と、知るやいなや、検索をかけてみました。
すごいですね。大阪! 公金をいっぱいかけまくっていたんですね。
こんなに公費をかけたならば、団体ばかりでなくUSJと間違って訪れてしまう個人にも
快く間口を開けて見学させてくれれば良いのに。。。

ところで、風さんの今回のコメント、いつも以上にお顔がいっぱいv-254
  • posted by primavera piccolo 
  • URL 
  • 2011.05/31 23:36分 
  • [Edit]
  • [Res]

こんにちわ^^ 

お久しぶりです~♪
いつも素敵なお部屋ですね♡

憧れの天蓋付きベッドもですが、田舎も街中も全て絵になりますねぇ~
しかも、焼却場までもが、まるで観光地(スカイツリーをイメージ^^)のようです☆⌒(*^-゜)v
見ていると行きたくなっちゃいます~♪
  • posted by lilly 
  • URL 
  • 2011.06/16 15:47分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: lillyさんへ 

lillyさん、こんにちは。

本当にお久しぶりです。CURURUが消滅してしまって以来、
なんだか気が抜けてしまいますよね。
皆さん散り散りになって、寂しい限りです。
NET上の世界でも離散の喪失感は大きいのに、
被災されてやむなく故郷を離れて暮らす方々の気持ちはいかばかりかと思います。
コミュニティが崩れてしまうって、本当に辛い事ですね。


憧れの天蓋付きベッド!!!
お姫様気分いっぱい味わえますね。
ちなみに私がちいさかった頃は、いつも天蓋付ベッドだったわ。(*^・^*)
(蚊よけの蚊帳なんて、今の若い世代は知らないでしょうね~)

この焼却場・・・一般公開しているんでしょうかしらね。
せっかく公金で大金かけたのだから、広く芸術的建築を解放していただきたいものですよね。
  • posted by primavera piccolo 
  • URL 
  • 2011.06/25 13:37分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

primavera piccolo

Author:primavera piccolo
KATSUJI FOREST GALLERY のサイトからいらっしゃったお客様は、左下のカテゴリ・PIANO からご覧ください。

2009年9月15日以前の記事やコメントは、旧サイトから移転させたものです。

Under construction

Translate

Visitors since 2010

free counters

FC2カウンター

最新記事

4travel primavera

QRコード

QRコード

カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック