Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界遺産@五箇山 GOKAYAMA THE WORLD HERITAGE

今月上旬、久しぶりに娘の休暇が取れたので、
今まで行ったことのない所に出かけてみようということになりました。
(主人は結婚式出席の為同行できず・・・)


もうすぐ有効期限が切れてしまいそうだったマイレージを使って、
富山への無料往復航空券を予約しました。

レンタカーは乗ってみたかったプリウス。
運転するというよりは、電子レンジを操作しているような不思議な感覚の車でした。

3日間のドライブでだいぶ慣れてきて、
「さぁ~、今日はおいもを蒸すよ!」とか、
「パンを焼くわよ~!」なんて言いながら、
エンジンをかけておりました。

52時間で350KM以上走り、ガソリン代は1800円位(13.67L)
高速を走った事もあるけれど、かなり燃費が良い感じです。





毎日、仕事で帰宅の遅い娘の為に昼過ぎの遅い便で出発し、
その日は富山空港から50分程走った所にある庄川温泉に宿泊。

川沿いにちょっとした公園があり、水面に木々が美しく映っていました。


庄川温泉

SN3J0220fc22.jpg

鯉等の魚がたくさん泳いでいるのが見えた

SN3J0218fc21.jpg

対岸の方には水鳥がたくさんいて、時々鳴き声が静かな山々に響き渡っていました





翌日、ここから一般道を通って、世界遺産の五箇山へ出かけました。

庄川沿いの美しい山々を眺めなながら何度もトンネルをくぐるのですが、
壁が空いていて窓のようになっており、日差しも紅葉も目に優しく映り、
とても気持良く運転する事ができました。
真っ暗なトンネルばかりだと、運転が苦痛ですものね。



五箇山は富山県南砺市の旧平村、上平村、利賀村を合わせた地域の総称で、
赤尾谷・上梨谷・下梨谷・小谷・利賀谷の5つの谷からなるので五箇谷間、
これが転じて五箇山の地名となったそうです。

豪雪地帯の為、急傾斜の大きな屋根を持つ合掌造りが生まれました。


国道304号の相倉口バス停から少し進むと、
相倉(あいのくら)合掌造り集落があります。


SN3J0228fc26.jpg

五箇山・相倉合掌造り集落

SN3J0232fc27.jpg

今でも21戸が残っているそうです。
高台から眺めると、静かな集落全体を見渡せました。
写真は携帯カメラからですが、逆光だったので画像が白んでしまいました。

SN3J0221fc23.jpg

左側に見えるのは、消火や火事予防に使う放水銃です


SN3J0226fc24.jpg

小学生の頃、音楽の授業で五箇山民謡・『こきりこ節』を習ったのが懐かしく思い出されました。

SN3J0227fc25.jpg

素朴さに味があります



五箇山・菅沼合掌造り集落

R304からR156を南下すると、菅沼の集落に到着です。
こちらには小さな谷あいに9戸ほど残っています。

相倉の集落は生活感がありのまま感じられたのに対して、
菅沼はこじんまりとまとまった中に環境に配慮しながらお土産屋さんなどが営業していました。
「可愛らしい」という印象です。




SN3J0240fc28.jpg

民家の軒先で干し柿が日光浴中


SN3J0242fc29.jpg

秋空が気持よい


SN3J0245fc210.jpg

骨折したのか? ポン太君


SN3J0246fc211.jpg

この辺りの名産・目に鮮やかな赤株



郡上八幡

行った事の無い地というキーワードで、2泊目は郡上八幡へ車を飛ばしました。
かなり距離があるので、今度は東海北陸自動車道を通るルートをナビに入力。


この道路、長い長いトンネルばっかりなのには参りました。
掘るのは大変な工事だったろうと感心しながらも、延々続く暗闇に同乗者は皆居眠りしてしまうし、
運転している私はただただひたすら前方車のテールランプを追いかけるのみで、
こんな所で大地震が起こったら・・・と、イケナイ妄想が頭と心を支配。
暗黒面に吸い込まれてしまいそうでした。

私は宇宙船の操縦には向いていないだろうなぁ・・・とか、
ダースベイダーになっちゃうかな・・・とか、
自問自答しているうちにやっと危機を脱して目的地到着しました。

夏には郡上踊りで有名な清流の町・郡上八幡。



SN3J0248fc212.jpg

UPできるのはこの一枚のみ・いがわこみち

民家の裏を流れる水の音がとても清々しい。
真鯉や緋鯉が悠々と流れに身を任せて泳いでいる様子が、
うまく写真に撮れなくて残念でした。

この郡上八幡という城下町、町の隅々まで本当にゴミ一つチリ一つ落ちていなくて、
手入れが行き届いていて驚きました。

毎朝、住民の方々がご自宅の周りを綺麗にお掃除なさっている。
一軒位、ずぼらな住民や「今日は面倒だから止めた!」なんてありそうなのに、
どのこみちもとてもこざっぱりと美しいのです。
街づくり意識の相当高い地域なのなのでしょうね。







白川郷


ここまでは、時間の関係で往路と同じ東海北陸自動車道を通り、
またまた孤独な暗黒面との戦いです。
前方に車がなかったので、闇に吸い込まれるような感覚。
私以外、やはり全員爆睡。


既に観光地化されているこれまた世界遺産の白川郷ですが、
大型バスがたくさん来ていて大変な賑わいでした。

途中で雨も降り出してしまい、大勢の観光客の傘が所狭しとすれ違うのはかなり大変。


111105_1411~01


なるべく観光客と傘が映りこまないよう頑張った一枚。



レンタカー返車前に富山出身の娘の友人イチオシ・寿司たまに寄りました。
夕方5時に入ってギリギリ着席できましたが、
その後のお客様は空席待ちになっていました。
凄い人気なんですね。

美味しい握りをたくさん頂き、留守番主人には空港で鱒寿司を買いました。


この3日間で美味しい物たくさん頂いてしまい、
帰宅後はヨガに励む毎日です。


と、ここまで書いていたら、今日のHNK朝イチで五箇山特集やっていました。
映像を見ると、改めて郷愁をそそる素晴らしい世界遺産なのでした。





Comment

 

こんばんは~♪
そうなのぉ~!
私も「アサイチ」見たんですよ。
すごい!!タイムリーじゃないですか。
五箇山って、私ったら知らなかったんです。
白川郷は以前から有名だったけど、五箇山というところも世界遺産だったのですね。
茅葺屋根のすぐ下、意外と洗濯物がすぐ乾くっておっしゃってましたね。
やはり自然素材が、温度・湿度など空気調節してくれてるもかな^^
奇跡の景色は見ることができたのでしょうか??
郡上八幡とか、今回は素朴な日本の心の故郷的な旅になったようですね。
頑張って撮られた写真、絵葉書のようです。
  • posted by ひろのしん 
  • URL 
  • 2011.11/28 00:03分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

なんと美しい景色でしょう~
日本の原風景は何だか懐かしいような、ほっとするような気持ちになりますね^^
思わずPCの前で深呼吸してしまいました(笑)

物静かなプリウス君との旅はお寿司で締めくくりですか♡いいなぁ~
  • posted by lilly 
  • URL 
  • 2011.11/28 10:09分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: ひろのしんさんへ 

ひろのしんさん、こんにちは。

わぁ、偶然ですね。
「アサイチ」見てたんですね!
以前は昼間家にいなかったので、この番組見る機会なかったのですが、
最近は母が連ドラ見るので、そのまま「アサイチ」に突入するんですね。
いのっち君の好感度も手伝って、番組の内容もかなり面白いなあと思います。
今旬な俳優さんがゲストに出演するのも見逃せません。

五箇山は、白川郷と共に世界遺産に登録されているのですが、
白川郷に比べると規模がこじんまりとしていて、
大きな観光バス等はあまりたくさんは入って来られないのです。
どうしても白川郷の方が知名度上がってしまうのでしょう。

茅葺屋根の自然素材、そこに暮す人々の知恵の結晶なのですね。

>奇跡の景色は見ることができたのでしょうか??

あぁ、残雪を抱いた真っ白な後方の山と秋の日差しに燃える紅葉の事ですね?

11月上旬にしては暖かすぎて、半袖でも良いくらいに感じました。
山に雪が残るような景色は拝めませんでしたが、
雪道運転するのも心配な関東人ですから、秋晴れ万々歳でした。


郡上八幡って、名前は聞いた事あっても足を踏み入れた事がなくて、
まだまだ日本にはたくさん見所があるなぁと感じました。
この町並の美しさ、清潔さには本当に脱帽しました。

今母が海外旅行できないので、一緒に行くなら「素朴な日本の心の故郷的な旅」がベストですね。

> 頑張って撮られた写真、絵葉書のようです。

ありがとうございます。
携帯カメラなので以前娘が撮ったような写真にはなりませんが、
被写体の景色がすばらしいのでご紹介できて良かったです。


  • posted by primavera piccolo 
  • URL 
  • 2011.11/29 12:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: lillyさんへ 

お天気に恵まれて美しい景色を堪能してまいりました~!
日本の原風景には、疲れた心のひだをほっこりと潤してくれる何かがありますよね。

> 物静かなプリウス君との旅はお寿司で締めくくりですか♡いいなぁ~

そうです!そうです!
プリウス君って、とっても寡黙な性格ね。
スイッチさえちゃんと押してあげれば、静かにいう事を聞いてくれる。
車内のオーディオも騒音に邪魔される事なく楽しめたし。
「運転」しているという感覚はあまり感じられなかったけれど、
これからの車はこういう方向で進化してゆくのかしら。

富山の回転寿司はホント侮れませんね。
あまりに美味しくて価格もリーズナブルなのに感激しました。

でもlillyさんの「但馬様」を見たら、
又、あま~い誘惑に引き寄せられそうです。むむむ。。。

  • posted by primavera piccolo 
  • URL 
  • 2011.11/29 13:15分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

primavera piccolo

Author:primavera piccolo
KATSUJI FOREST GALLERY のサイトからいらっしゃったお客様は、左下のカテゴリ・PIANO からご覧ください。

2009年9月15日以前の記事やコメントは、旧サイトから移転させたものです。

Under construction

Translate

Visitors since 2010

free counters

FC2カウンター

最新記事

4travel primavera

QRコード

QRコード

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。