FC2ブログ

Entries

ドイツ*オーストリア 19【 2006年9月 】

 
Dinkelsbuhl ディンケルスビュール
 
 
2度の大戦で戦火を免れた中世そのままの町です。
あまり観光化されておらず、水面に写るひっそりとした景観がとても美しいです。
1632年に町を包囲したスウェーデン軍に、子供達が敵の将軍に身を投げ出して許しを乞い、
その姿に我が子の面影を見た将軍が攻撃を中止したそうですが・・・本当ですかい ?(?o?)
これを祝って毎年7月に「キンダーツェッヘ」というお祭りが行われます。
 
 
image462237602241.jpg
Segringer Tor  ゼークリンガー門
私達が止めた駐車場はこの門を出て左手50m程先にあります
 

image1245606102242.jpg
右側・聖ゲオルク教会 (塔は後期ロマネスク様式)
 
 
Flair Hotel Weisses Ross  ヴァイセス・ロス

image9419280102243.jpg

 
この町に宿泊するのは、実は2回目です。
前回は1983年に Deutsches Haus ドイッチェス・ハウスに友人と泊まりました。
今回も同じドイチェス・ハウスに泊まりたかったのですが、実は翌日がこの町の
HISTORIC TOWN FESTIVALという伝統的な工芸品市を祝うお祭りがあり、
部屋は満室でとれませんでした。
 この町に泊まる理由の一つがこのお祭りです。
替わりにホテルからメールで紹介していただいたのがこの写真の、、、
Flair Hotel Weisses Ross  ヴァイセス・ロス です。
こちらはB&B のような感じで、気さくなおじさんが家庭的なおもてなしをしてくれます、、、と
口コミでは書いてありました。行ってみると、、、ハイ!おじさん居ましたよ~。
 
おじさんは明日のお祭りの事で頭が一杯!大忙しであれやこれやと打ち合わせ中。
私達はホテル前のこの路上でチェックインし、部屋の鍵を渡されました。
実は本館(レストラン併設の写真の建物)と道路を挟んでもう一棟、離れがあります。
私達は離れの2階、アパートメントタイプの部屋になりました。
結構広くて良かったですが、エレベーターが無いので大きい荷物は X です。
 
明日はお祭りなので、車を町の城壁外のP に出さなければならいのですが、
うっかり全ての荷物をホテル前で降ろしてしまい失敗でした。
翌日は大荷物をゴロゴロと P  まで転がすハメに。。。。

 

image3618486102244.jpg
明日はお祭りだというのに町はひっそりとしています。
人々はどこに行ったの?

 

image1394103102245.jpg
前回宿泊したDeutsches Haus ドイッチェス・ハウス(一番右)
15世紀に建てられた美しい木組みの
ファサードはドイツ・ルネッサンスの代表作
 
この町に泊まる理由の二つ目はこれらの美しい景色
 

image2236711102246.jpg
聖ゲオルク教会 
1448-99年に建立された後期ゴシック様式の教会。塔の部分だけは後期ロマネスク様式。
明日のお祭り用に小さな移動遊園地が設置されていました。
 
 

image5361975102247.jpg
 Neue Prommnade  ノイエ・プロムナーデ 町の外郭をめぐる小道 ・ 夕暮れ時がとても美しいです
 

image5415785102248.jpg
小道を散歩してお腹をすかせます。日が暮れるのはかなり遅いドイツの夏  時間が止まってしまいそうな空間です
 

お食事は ツム・クライネン・オブリステンで・・・・
image3099789102249.jpg

以前、ミシュランの★がついたこともあるそうです。 と~っても美味しかったのですが、、、、私達には多かった。
向かいの席の若いグループは、ソーセージの下のザワークラウト(キャべツの塩漬け)を バケツ皿一杯に追加注文していました!半端じゃない!
 
 
消えた人々の謎
実は姿を消していた町の人々はみ~んな、どこかしらの店の中にいたのです。
どの店も中に入ると、どうやってこんなに詰め込んだのかと思うほどの人・人・人
ワイワイ・ガヤガヤ!飲めや、歌えや・・・大変な賑やかさでした。
 
 

image35469171022410.jpg

Deutsches Haus ドイッチェス・ハウス

 

 

三つ目の理由は夜警のおじさん

聖ゲオルク教会からスタートして角笛を吹き、歌い、それぞれの家の歴史を語り聴かせ、

振舞われたワインを飲み干すのです。

おじさんについて一緒に町を巡回すると、なんでこんな所を通るの????

・・・・というような民家の軒下を抜けたり面白いですよ~!!

皆一列になっておとなしくどこにでもついて行きます。

 

暗かったのでおじさんの写真はうまく撮れませんでした。

 

☆○o。*゚¨゚゚・*☆○o。*゚¨゚゚・*。o○☆*゚¨゚゚*☆○o。*゚¨゚゚・*☆○o    To be continued

 

 

 

 

 

Comment

 

おはようございます。こちらには初めてコメントさせていただきます。
素敵な建物が多いですね。
ドイツ北部でしょうか。
お祭り、楽しそうですよね。私もカナダへ行った時、ちょうどフェスティバルの真っ最中に行き当たり、現地の人たちがみんなウキウキしてる様子を見ました。
お食事もおいしそうですけど、向こうは冷たい夕食を食べると聞きました。
パスタがあるようですが、それはあったかいんですよね?
  • posted by H・T 
  • URL 
  • 2007.05/20 10:18分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

primaveraさん、こんにちは
楽しみにしておりました^^
ゲオルグ教会というのですね。ここ行きました。間違いないです。情けないことに、かなり古い教会としか覚えておりませんでしたよ。教会前のドイッチェスハウスと左側の建物、共にとても美しいですね。それに、建物のガラス面に空の色が反射していて、美しさを増しています。
水辺の風景を見て思い出しました。やはりきれいなトンボを見たのは、ここだったんですね。気持ちの良い所でしたよね。
3つ目の理由は、世界不思議発見でしたか、テレビで見たことがあります。ただ、振舞われたワインを飲み干すということは、残念ながら記憶にありません。^^:ワイン好きの方にはたまらなく魅力的な行進ですね。ひょっとして、primaveraさんも、途中まで付いて行かれたとか?(「皆一列になって、おとなしくどこにでもついて行きます」は、そのご一行様を想像すると、とても面白いですね。^^)
  • posted by ブルースカイ7 
  • URL 
  • 2007.05/20 13:20分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

ドイツ語でソーセージの名前でなくて 食べられなかったのが 残念 (>д<)/
  • posted by セナ~ 
  • URL 
  • 2007.05/20 16:26分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

これまた素敵ですね~^^ ドイツの町、美し過ぎです。。(#^.^#)
中央上のお皿が「ひじきのサラダ」に見えた自分が悲しいです。。ザワークラフトそんなにおいしいのですね~私もバケツいっぱいのザワークラフトをほおばりたいです!
扉を開けるとそこは別世界ですね・・・人・人・人・・・おじさん・・う~ん異国って本当に面白い!
  • posted by lilly 
  • URL 
  • 2007.05/20 22:03分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>H・Tさん、お越しいただきありがとうございます。
ここは、ドイツのフランクフルトの南に位置する町です。
ドイツ北部にもハーメルン、ブレーメン、リューベック等、素敵な建物の町が
たくさんありますね。なかなか全部は周れないので残念です。
お祭りに遭遇すると嬉しいですよね。
人々も皆うかれていますから、すぐに友達になっちゃいます。
私達が頂いたドイツ料理は全て温かくて美味しかったです。
昔来た時は、ドイツ料理は「まずい」と感じたのですが、今回はどれも大当たりでした。
写真のペンネのクリームソースはとてもコクがあって美味しかったです。
でも量が多くて、途中で少し飽きてしまいました。
3-4人でいろいろな種類を少しづつ頂く方が飽きなくて良いかもしれませんね。
何せドイツ人は体の大きな方ばかりなので、私達は小人です^^;
  • posted by primavera 
  • URL 
  • 2007.05/20 22:06分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>ブルースカイ7さん、こんばんわ。
楽しみにしていただきありがとうございます?
想い出の教会が記憶に蘇って良かったです?
そうです!晴天でしたから、窓ガラスに空や景色がさらに美しく反射して見えました。
ここの水辺の景色はのんびりした気分に浸れて大好きなんです。
帽子にマント、角笛持った夜警のおじさん、TVで紹介されたんですね!?
何人かのおじさんが日替わり交代で廻ってるそうです。
ドイツといえばビールかと思いますが、ここではワインが出されました。
観光客はおじさんについて各家々を訪れますが、そのうちおじさん一人では
飲みきれなくなり、観光客も順番に回し飲みします。^^;
私は飲めないので、「見てるだけ~!!」・・・・・残念!
それぞれの家のウンチクをドイツ語で歌って語り、笑いをとり、面白そうでしたが、
こちらはちっともドイツ語がわかりませんでした。
途中は猫一匹通るような真っ暗な路地を一列になって進みます。
みんな笑いながらおじさんに最後までついていきました。
1時間程だったと思います。
  • posted by primavera 
  • URL 
  • 2007.05/20 23:36分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>セナ~さん、コメントありがとうございます。
せっかくドイツに行かれたのに、ソーセージ食べ損ねてしまったんですか~???
ドイツ語ではブルストって言うんですが、指差しでも絵文字でもいいから
どうにかして食べなきゃダメですよーーーーー!もったいなかったですね!
その点、私と娘は目指したもの・・・・・「絶対食べますとも!」☆(*^o^)乂(^-^*)☆
  • posted by primavera 
  • URL 
  • 2007.05/20 23:49分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>lillyさん、「ひじきのサラダ」に見えますよね!実は黒っぽいのはキノコでした。
旅行中は野菜が不足するのでなんとかして食べないと、お肌のハリが・・・・^^;
ザワークラウト(キャべツの塩漬け)は結構すっぱいんです。
ソーセージの付け合わせの定番みたいです。
でも私達日本人にバケツ一杯なんて無理無理o((><o))
その右となりのマスタードの量だって半端じゃないですわよ?
  • posted by primavera 
  • URL 
  • 2007.05/20 23:59分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

きのこですか~アラッソヨ~♪おいしそうです~^^
個人的にはマスタードはフランスデジョンのマイユ粒粒タイプがお好みなのですが・・・
あれなら、ソーセージと同量でいけます。。
すっぱいのですね・・それがソーセージに合うのでしょうね。確かに、マスタードもすっぱいです。。
「ブルスト」ですね。明日まで覚えているかどうか・・・??指差しでいきます。。私。
  • posted by lilly 
  • URL 
  • 2007.05/21 08:48分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

テーマパークにはまり込んだかのように美しい町並みですね・・・
子ども達が戦火から守ったのですか・・・。
中世の町並みが見られるなんて素敵ですね。
大阪万博のドイツ館でソーセージとオレンジジュースがとてもおいしかった・・
それが私の唯一のドイツ体験;;です。
お祭用に小さな移動遊園地・・まさに絵本の世界だわ~
夜景のおじさんに続く行列?行列のできるおじさん?それぞれの家の歴史を語るなんてたのしそ~?
  • posted by azumino 
  • URL 
  • 2007.05/21 10:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>lillyさんのマスタードの好みは凝っていますね。
ソーセージと同量でいけちゃうなんてすごいわ。
私もドイツ語はほとんど「指差し」でまかないました。
なんとかなるもんですね~!!
  • posted by primavera 
  • URL 
  • 2007.05/21 15:00分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>azuminoさん、
大阪万博・・・・・もしや「1970年、こんにちわ~こんにちわ~?世界の国から~」の時代?岡本太郎さんの太陽の塔とか・・・・?実は私もかすかに覚えてます^^;
行列のできるおじさんの夜警は無料なんですよ。
隣の町ローテンブルグの場合は有料らしいです。
  • posted by primavera 
  • URL 
  • 2007.05/21 15:08分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

どの写真も美しくて、説明もわかりやすくて、自分も旅をしている気分になります(* ^ー゚)
私は、ツアーでしたのでこの街はちょこっと立ち寄っただけでした(^-^;
のどかな感じの美しい街ですよね!
ドイチェハウスは写真をとりましたが…そこに宿泊されたなんて羨ましい♪
私もprimaveraさんのような旅をしてみたいです♪
  • posted by るみ姉 
  • URL 
  • 2007.05/22 08:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

貴重なお祭りの時期にいけたのですねぇ?
ドイツは、ホントにほんの少ししか見てまわることができなかったので、primaveraさんのプログでいろんなところへ行った気分になってます♪
しかし、本当に、キレイなところがたくさんあるのですね(ノ´∀`*)またいつか機会があったら、またドイツあちこちまわってみたいデス^^
  • posted by みか 
  • URL 
  • 2007.05/22 10:39分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

私は想像ですが間違いなく指差しになります。。同じ人間、何とか気持ちは通じる!と信じています。。行きた~い
ちなみにタルタルソースも大好きなので家ではエビフライには同量のせます・・やりすぎです。。従ってお店で出る量では足りません。。
  • posted by lilly 
  • URL 
  • 2007.05/22 11:16分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>るみ姉さん、こんばんわ。
違う季節に同じ所に行かれているので、面白いですよね。
私は2回とも夏だったので、るみ姉さんの「春」が新鮮でした。
もうすぐこの旅行も終盤に近づいてきました。
3月から書いているのですがなかなか先に進めず、
読んでいる人が飽きちゃうかもしれませんね。
一体いつになったら帰国するんだ~????って。
  • posted by primavera 
  • URL 
  • 2007.05/22 20:25分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>みかさん、お祭りの様子は次回UPしますね。
当時の衣装を着て、歌あり、踊りあり、音楽あり、行列あり。。。。
楽しかったです。
  • posted by primavera 
  • URL 
  • 2007.05/22 20:28分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>lilyさん、指差し大丈夫ですよ。
私もいつも指差しで、なんとかなってますから~!!
lillyさんはタレやソース類がお好きなのね。
塩分取りすぎにご注意あれ~(*ノω<*)
  • posted by primavera 
  • URL 
  • 2007.05/22 20:32分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

なるほど。。確かにこの街並みは。。
時間をかけてじっくり味合わなければ損をしますね~^^?
門や教会にそびえ立っている塔は。。ドイツ版五重塔といえましょうか!?
消えた人々の喉を潤すbeerに。。お腹を満たすソーセージやサワークラフト。。
本場のご馳走も。。たっぷり味わってみた~い(○゚艸゚)?
夜警のおじさんについて。。街のめずらしい夜景も楽しめたのですね~☆ヤケイツナガリ!?
  • posted by a♪co young 
  • URL 
  • 2007.05/23 20:22分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>a♪co youngさん、
ドイツ版五重塔、、、、威厳がありますね。
これらの景色もなんとなく、町ごとに色合いや形に特徴があって面白いんです。
やけに夜景をみながらの夜警がなつかしくなってきましたよ。^^
  • posted by primavera 
  • URL 
  • 2007.05/24 02:35分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

いえ、ソースつながりで思い出したまでで、私は食べ物は何でも好きで~す・・^^
お酒以外は・・・甘めなら少しは飲めますが・・・
ドキッ!高塩分のものも好きです。。スモークサーモン・・生ハム・・言い出したらきりがありません。はい
  • posted by lilly 
  • URL 
  • 2007.05/24 10:29分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>lillyさん、うふふ??
私もおいしい食べ物(牡蠣以外)なら、ほとんどイケルくちです。
それにしても、「春のワルツ」の中で登場するレストランはいつも洋食ですよね。
ステーキだったり、ハンバーグのようだったり、、、、。ナイフとフォークで。
もっと美味しい韓国料理の店もあると思うのですが、何故かドラマ中ではカング親子が食べているシーン位しかないですね。
  • posted by primavera 
  • URL 
  • 2007.05/24 16:03分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

ディンケルスビュールもまだ行ってないんですよね...
美しい...ある意味期待通りで少し観光化されている感が否めませんが^^;
ロマンチック街道かなり穴があります...早くドイツへ穴埋めに行きたいww
  • posted by shinesuni蛸焼き 
  • URL 
  • 2007.05/27 17:08分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

夜警のおじさん・・・私も付いて行きそうですw ハーメルンの笛吹きみたいですね。
夕食もおいしそうです♪特にペンネが・・・。私はじつはザワークラフトは苦手なんです・・・。初めて出てきたときに頼んだメインよりも多いじゃね~か!と思ったのと、初めての味に・・・若干ショックを・・・・。日本食でも良く考えると酸っぱいものは苦手ですね。友達は私に反して、好物になって帰国しとりましたが。
  • posted by そきぬ 
  • URL 
  • 2007.05/28 11:37分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>shinesumi蛸焼きさん、
観光化ならローテンブルグの右にでる町はないでしょう。
まだこの町は静かな方だと思います。
観光バスも来るけれど、滞在時間が過ぎると一団は去って行きます。
宿泊する団体はあまりないんじゃないかな?
ロマンティック街道の穴・・・・実は私もうっかりアウトバーンに乗っかってしまい、
通り過ぎちゃった町がいくつか穴になっています。
  • posted by primavera 
  • URL 
  • 2007.05/28 15:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>そきぬさん、
まさにハーメルンの笛吹きですね???
おじさんの角笛がなかなかの演奏でしたよ。
ペンネ美味しかったです。
昔はドイツ料理はまずいと感じたのですが、今回はどれも大当たりでした。
ザワークラウトも以前よりまずいと思わなかったです。
お店にもよるのかもしれませんね。
さすがに「山盛りは勘弁して~」って思いました。
  • posted by primavera 
  • URL 
  • 2007.05/28 15:47分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

primavera piccolo

Author:primavera piccolo
KATSUJI FOREST GALLERY のサイトからいらっしゃったお客様は、左下のカテゴリ・PIANO からご覧ください。

2009年9月15日以前の記事やコメントは、旧サイトから移転させたものです。

Under construction

Translate

Visitors since 2010

free counters

FC2カウンター

最新記事

4travel primavera

QRコード

QRコード

カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック